>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

欧州にて初代シビック風EV「ホンダe」予約開始!ボディカラーは5色、納車は2020年春より開始

| スペックや価格は不明ながらも、すでに25,000人が予約済み | ホンダ初のEV、「ホンダe(Honda e)」の先行予約がイギリス、ドイツ、フランス、ノルウェーにて開始。予約はオンラインのみでの受付となり、すでに開設された「ホンダe」のコンテンツから入り、ボディカラーを選んだ後に「予約を確定」する流れとなっています(英国だと800ポンドの保証金を支払う必要がある)。なお、日本のホンダ公式サイトではまったくホンダ eに触れられておらず、これはまったくの「謎」現象。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスがブランド「115周年記念」ワンオフモデル準備中。秋に開催の競売にてお披露目と報じられる

| ロールスロイスはオークションをワンオフモデルの宣伝に活用? | ロールスロイスとRMサザビーズ(オークション開催元)が、「今年の秋に、ブランド115周年を記念し、ファントムベースのワンオフモデルを出品する」と発表。現在のところその詳細はわからず、しかし「明るいレッドにペイントされる」ということが明かされています(中国人の落札を期待しているのかもしれない・・・)。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMWが公式にてM8試乗の様子を公開。エンジンやサス、ステアリングに加えて駆動方式やブレーキの「効き」までもドライバーが調整可能

| ここまで調整幅が広くなると、もう本当の姿がわからない | BMWが新型M8につき、最新のティーザー動画を公開。これまでもティーザー画像そして動画を公表しているものの、今回の動画はそのラインナップ、走行性能や技術に踏み込んだものとなっていて、これを見るに新型M8はかなり期待できそう。まずラインナップについては、「M8クーペ」「M8クーペ・コンペティション」、「M8カブリオレ」「M8コンペティション・カブリオレ」からスタートするとのこと。

ReadMore

>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

VWグループがブガッティ、ランボルギーニを売却する可能性があるとの報道。ブガッティは中国企業が売却対象として有力

| ブガッティ、ベントレー、ランボルギーニはVWの考える”エレクトリック化構想”にマッチしない | 現在フォルクスワーゲングループには、フォルクスワーゲンを筆頭にアウディ、ブガッティ、ポルシェ、ベントレー、ランボルギーニ、シュコダ、セアト、ドゥカティ、イタルデザインといったブランドが集結していますが、フォルクスワーゲンは2030年までに大きく組織を再編成し、いくつかのプレミアムブランドを切り捨てる可能性がある、とのこと。そして驚くべきことにランボルギーニそしてベントレーもその候補に挙がっていると報じられて ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型スープラのレビュー続々!加速動画に続き国内ではZ4との比較、4気筒モデルの試乗レビューも

| BMW Z4のほうが”しっとり”、スープラは”スっと入る”らしい | 新型トヨタ・スープラがメディアに貸し出されるようになり、続々その試乗レビュー動画が公開されています。その内容はいずれも肯定的で、相当に高いポテンシャルを持つであろうことが伝わるものばかり。スープラはとくに北米において神格化されており、今回のA90スープラについては「BMWとの共同開発」ということで”これは真のスープラではない”と見る向きも(一般消費者の間で)多いようではあるものの、実際のスープラは「そんなことはどうでも良くなる」くら ...

ReadMore

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・テストドライブ・プラス最終章。ウラカン・ペルフォルマンテ、ウルスの二台でワインディングを走る

| ランボルギーニ・ウルス、ウラカンはゆっくり走っても楽しい | さて、ランボルギーニの試乗イベント「Lamborghini Test Drive Plus」での最後のプログラム、「公道走行」。これまでは「サーキット」「オフロード」での走行を紹介してきましたが、今回は公道走行含めて総括となります。 投稿【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く【動画】ランボルギーニ・ウルスを悪路でドリフト走行!起伏や波状路、30度以上のバンクに挑戦し ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】1000馬力級の新型フェラーリの目撃動画続々!中には「追跡を振り切られた」ドライバーも

| 残念ながら削除された動画も | 5月31日に発表される新型フェラーリですが、これの目撃例が相次いで公開。先日はインスタグラムにて一般人がイタリアにてこのプロトタイプを撮影した動画を公開していますが、今回はそのフルレングス版もYoutubeにアップされています。なお、この新型フェラーリは「ハイブリッドシステム」を積み、986馬力を発生する”ハイパーカーなみの性能”を誇ることがフェラーリによって明かされています。加えて、812スーパーファストの上に位置する「フラッグシップ」となることもフェラーリCEOの発 ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >フォード(FORD) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

世界最速のレンタカー?米Sixtが専用カラーにてカスタムされたシェルビー・マスタングのレンタルを開始

| レンタルアップ後は一般を対象に販売も | 以前にレンタカー会社「ハーツ」が5リッターV8、435馬力のシェルビーGT-Hをレンタカーに導入したことで話題になりましたが、今回は別のレンタカー会社、Sixtがシェルビー・マスタングGT-S(5リッターV8、600馬力)を用意した、と発表。ボディカラーはSixtのカンパニーカラーでもあるブラックとオレンジにペイントされ、つまり「専用に製造された」ということを意味します。 まさに最速のレンタカー。マスタングベースのレンタカー専用限定車「シェルビーGT-H」登場

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが「世界初」オープン仕様のセーフティカーとしてi8ロードスター投入。しかもウインドウをカットして「スピードスター仕様」にコンバート

| セーフティカーでここまで改造するのは珍しい | BMWがフォーミュラE向けのセーフティカーとしてi8ロードスターを導入。BMWは過去にもクーペバージョンのi8をフォーミュラE用セーフティカーに導入したことがあるものの、今回はオープンモデルの「ロードスター」、しかもさらにトップをチョップして「スピードスター」へと改造したワンオフ車両を制作しての投入です。なお、今回のi8スピードスターは「モナコE-Prix」限定での採用とのことですが、F1ドライバーも「モナコ専用ヘルメット」を着用することがあり、やはり「 ...

ReadMore

>フォード(FORD)

マスタングのSUV版が現実に!ピュアEV「マッハE」として今年後半に発表とのウワサ

| テスラ・モデルXのライバルとして発売か? | いろいろとウワサとなっていた「マスタングのクロスオーバー」が実現する模様。このクロスオーバーはピュアエレクトリックカーとなり、その名称は「マッハ1(Mach 1)」もしくは「マッハE(Mach E)」になるとされ、一回の充電あたり走行可能距離は600キロ。そしてマスタングのバリエーションであるからにはスポーティーなドライブフィールを持つとされ、今年後半にも発表される、とも報じられています。

ReadMore

納屋

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【競売】1981年に非公式ながら時速300キロを突破したBMW M1が存在した!1993年以降行方がわからなくなっていた「レコードブレイカー」がついに発見

予想落札価格は最高で3700万円 今年は年初から希少なクルマが続々納屋から発見されていますが(納屋=バーン、というところから”バーンファインド”と呼ばれる)、またまた希少なBMW M1が発見されること ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

オーナー自ら納屋に専用の部屋を作って「封印」していたホンダ・インテグラ・タイプR。10年ぶりに部屋が開放されて販売されることに

保管時にはカバーをかけ、ジャッキアップしておくという念の入れよう ジャパニーズ・ネオクラシックの例に漏れず、ホンダ・インテグラ・タイプR(DC2)の価格は上昇傾向。そして今回eBayにインテグラ・タイ ...

>その他ポルシェ関連/ニュース

触るだけで崩れそう!中も外もサビだらけで朽ち果てそうなポルシェ356が1000万円の価値があるワケとは?

クラシックカーはいかに程度が悪くとも「レストアされていない」オリジナル状態が好まれることがある ebayにて、1952年モデルのポルシェ356クーペが出品中。見たままの「サビサビ」ですが、なんと出品価 ...

>フォード(FORD)

これいくらで落札されるん?空調入りガレージで38年保管されていたサビなし、フルオリジナルのマスタング・マッハ1がebayに

現在の価格は550万円、残り2日 38年間「保管」されていたフォード・マスタング・マッハ1がebayに登場。この個体の履歴ははっきりしていて、まずはは最初のオーナーが1969年に新車でこのマスタング・ ...

>シボレー(CHEVROLET) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ジャガー(Jaguar) >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

めずらしくフランスにて、81台ものクラシックカーが廃屋から発見。ランボルギーニ・ミウラ、ジャガーEタイプも

発見された経緯や所有者の物語は不明 フランスの廃屋にて、81台ものクラシックカーが見つかり、オークションへ出品されることに(20日に競売が開催されているものの、結果は非公開となっていてわからない)。発 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ジャガー(Jaguar) >日産/インフィニティ(Infinity) >その他イタリア車 ■ニュース

【動画】アメリカの朽ち果てたビュイックディーラー内にて、40年以上眠っていたランボルギーニ、ジャガー他レアカーが発見される

まさかこんなところに希少なクルマが眠っていたとは さて、アメリカでは大人気の「納屋で見つかったレアな車たち」シリーズ。今回はアイオワ州で大量のレアカーが眠っているという報告を受け、おなじみハガーティの ...

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■ニュース

「現存する、世界最古のビートル」が放置されているのを偶然発見し、手に入れた男の物語。生産2152万台のうち”20番目”のビートルを蘇らせる

| このビートルを発見したのも、製造番号”20”なのも偶然だった | フォルクスワーゲン・ビートル(タイプ1)はその総生産台数が「2152万台」にも達し、4輪車としては世界最多の販売台数を誇ります。 ...

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

祖母のガレージからカウンタックとフェラーリ308が出てきた。幸運な男性がその画像と物語を投稿

| 祖父のガレージからランボルギーニとフェラーリが出てきた | 画像掲示板、Redditにて、そのユーザーeriegin氏が「祖母のガレージで、20年以上の間、ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ ...

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリ・ディーノ史上もっとも「謎に満ちた個体」。住宅街の地面から偶然出てくるも再度行方不明に

| なぜ住宅街の地面に? | フェラーリ・ディーノは今年で50周年を迎えますが、そんなディーノのちょっとめずらしい話をここで紹介。 アメリカはロサンゼルスの住宅街の地面の下からディーノ246GTSが出 ...

>フェラーリ(Ferrari) >その他アメリカ車 >その他イギリス車

【動画】総額4億円以上。1991年以降放置されていたフェラーリやコブラ、モーガンが発見される

| なぜ?1991年から放置されたクラシックカー | 納屋で眠っていた車や放置された希少な車をレストアして世に送り出すティム・コッター氏(Youtubeチャンネルはこちら)がまたまた珍しいフェラーリを ...

>フェラーリ(Ferrari)

オーナー亡き後、その息子、そのまた息子が保管し続けてきたフェラーリ250GT。ついに40年の時を経て納屋から出ることに

| 今度は希少なフェラーリがオリジナルの状態で | 生産わずか50台、「フェラーリ250GT Ellena(エレーナ)」が40年近く納屋に放置された状態で登場。 これは納屋で発見された車シリーズ「Ba ...

>ポルシェ911関連

30年間放置された、2オーナーのポルシェ912(911の廉価版)が倉庫で発見。競売に

| 二人目のオーナーになにが? | 30年間を納屋(倉庫)にて過ごしたポルシェ912が発見され、オークションに登場することに。 これは1965年にオランダへと納車されたもので、その後20年ちょっとを最 ...

>ポルシェ911関連

TV番組の企画にて、偶然納屋で見つかった911。ポルシェが買い取り最も古い911としてレストア→公開へ

2017/12/16    , , , , ,

偶然の発見からポルシェが所有することに ポルシェが3年かけてレストアを行った、「コレクション中、もっとも古い」911を公開。 これは1964年式のタイプ901で、シャシーナンバーは57。 1964年1 ...

>ポルシェ911関連

またなんか納屋から出てきた。今度は42年間放置されたポルシェ912(911の廉価版)

42年ぶりに放置されたポルシェが陽の目を見ることに またまた納屋(正確には納屋の地下)で発見されたクラシックポルシェが登場。 これは1967年式の「912」で、なんと42年間も放置されていた、とのこと ...

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

持ち主の身に一体何が?ロシアの森にて、初代ホンダNSXが苔にまみれた状態で発見される

2017/11/4    , , ,

| なぜロシア?ロシアに20台程度しかないオリジナルNSXが苔に覆われた状態にて発見 | 世界中にて納屋始め、あちこちで放置されていたスーパーカーや希少車が発見されていますが、今回はロシアにてホンダN ...

>ジャガー(Jaguar)

ジャガーの名声を確立したXK120。謎多き1950年製の個体が50年ぶりにガレージから出されることに

|あまりに謎が多いジャガーが約50年ぶりにガレージから出されることに| ずっとアメリカはウイスコンシン州の納屋に眠っていた1950年製のジャガーXK120アロイ・ロードスターがついにガレージから引っ張 ...

>シボレー(CHEVROLET)

1972年に新車でコルベットを購入し、今それを売りに出した男の物語。わずか1556キロしか走れなかった理由とは

2017/10/17    , , , ,

走行距離わずか1556キロのC3世代コルベットが販売に ペンシルバニア州でC3世代のコルベットを売りに出した男が話題に。 1972年のある日、このコルベットのオーナーである(当時22歳の)ジム・キーヴ ...

>ランボルギーニの限定車関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

生産わずか150台、希少なランボルギーニ・ディアブロが庭に放置された状態で発見に

なぜかは不明ですが、1994年式ランボルギーニ・ディアブロSE30が庭に放置されている状態で発見(個人宅のようですが、当然住所は明かされていない)。 ディアブロSE30はその名が示すとおり、ランボルギ ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.