ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>パガーニ

ワンオフのパガーニ・ゾンダ760「オリバー」。父親が9歳の息子のためにオーダーした個体であることが判明

投稿日:2017/07/20 更新日:

パガーニ・ゾンダの通常モデルは2011年に生産を終了しているものの、その人気は未だ非常に高く、そのためか生産終了後もスペシャルモデルの受注を受けているようで、今回もワンオフモデルの「ゾンダ760オリバー・エボリューション」が公開に。
現行のパガーニは「ウアイラ」ですが、こちらはエンジンがターボ化されたということでその前の「(自然吸気エンジン搭載モデルで軽量な)ゾンダ」を好む人も多く、そして当然そういった人々は「ハードコア」なゾンダをオーダーするようですね。

そして今回グッドウッドに登場したゾンダの最新ワンオフモデル「ゾンダ760オリバー・エディション」について、なんとある父親が自分の9歳の息子のためにオーダーしたものであることが判明。

仕様としては「過激」そのもの、そびえ立つ巨大なリアウイングが装備され、「最新の」ゾンダということもあり様々なアップデートが盛り込まれているようですね。

なおウイングはこれまでの760シリーズとは異なり2分割されていて、エンドプレートもF1のように大きな面積を持っています。
ゾンダR、ゾンダ・レボルチオン、ゾンダ・チンクエのデザインがあちこちに用いられながらも独自の意匠も持つ1台ですが、このゾンダを将来自分のものとして運転できる環境にある息子さんが羨ましい限り。

関連投稿
「世界最速の13歳」誕生。ウラカンを駆り実力でタイムアタックイベントを制してクラス優勝を果たす
またまた羨ましい少年登場。16歳にして世界に一台のワンオフフェラーリをドライブ
ゾゾタウン社長のパガーニ・ゾンダとマイバッハがクラッシュ。総額4億円の事故が発生
世界に5台限定のパガーニ・ゾンダ・チンクエが走行中、白バイに停止させられる動画
パガーニ史上「最大」のリアウイングを装着したワンオフモデル、ゾンダMilesonが公開に

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->パガーニ
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5