>マツダ(MAZDA)

マツダがまたまた特許取得、今回は「上に開く」スポーツカー用ドア。RX-9に採用か?

投稿日:2017/08/26 更新日:

| マツダは水面下でスポーツカーを開発中? |

東京モーターショーに「RX-9」を展示すると言われるマツダですが、新たにドアに関する特許を取得。
内容は「ドア」に関するもので、ドアの形状を見ると(後ろのほうがJカーブを描いているので)クーペモデルに採用されるドアと思われます。
なお、ドアが非常に短いことを考えると、これがメルセデスAMG GTのように「ロングノーズ」の車に採用されるであろうことも想像できます(この形状のまま採用、というわけではないと思いますが)。

構造自体は通常のヒンジを使用して「斜め上方向に」ドアを開くもので、アストンマーティンの「スワンスイング」ドアに近い開き方をするのかもしれません。

関連投稿
スーパーカーのドアはこれだけの種類がある。ガルウイング、シザードア、スワンスイングほか

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は mazda-door-patent3.jpg です

なお「RX-9(この呼称も予想の域を出ない)」は新しくパテントを取得したロータリーエンジンを搭載するといわれるものの実際は不明。
マツダ自身はロータリーを主動力とした使い方を否定しており、ロータリーエンジンはEVの「レンジエクステンダー」として復活の可能性を示唆。
一方でガソリンエンジンについては新しい特許を積極的に取得する動きを見せており、「なんとも言えない」ところですね。

ただしロータリーエンジンの50記念となる今年に何らかの「アイコンとしての」コンセプトカーを登場させる可能性はあり、「市販するかどうか」は別としてブランディングの観点から「ロータリー搭載スポーツカー」を発表する可能性も。
以前に報じられた話では、重量1350キロ、出力400馬力、そして「マツダ史上最も高価な」車になる、とも言われていますね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は mazda-door-patent2.jpg です

関連投稿
マツダが次世代エンジン「SKYACTIV-X」詳細を発表。加えて2019年より電動化、2025年に自動運転導入と宣言
マツダの重役「新型RXモデルはロータリーエンジンのみになるだろう」。2020年に登場か?
マツダがさらに新型エンジンの特許取得。スーパーチャージャーとツインターボの「トリプルチャージャー」
マツダがロータリーエンジンの特許を新たに2件取得。HVもしくはレンジエクステンダー?
トヨタが電動スーパーチャージャーの特許取得。電動ターボとの差異はどこに?
新型スープラが登場予定の東京モーターショー。マツダRX-9、日産390Zも発表とのウワサ
マツダがロータリースポーツ「RX-9」を東京モーターショーに出展?価格は1000万円前後とのウワサ

VIA:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5