>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■バイク(自転車/自動二輪)

BMWがM5をイメージした自転車(バイク)投入。500台限定。M5と同じカラー/素材採用で約19万円

投稿日:2017/09/24 更新日:

BMWが自転車において「スペシャルエディション」を投入。
これはM5をイメージしたもので、フレームカラーはM5に使用される「マリーナ・ベイブルー・メタリック」を採用し(スペシャルエディションでなければ、ほかフレームカラーも選択可能)、車体にはアルミとカーボンを採用した、まさに「M5同様」のクロスバイク(装備やフレーム形状からみて、分類はなんとも難しいモデルではありますが)。

タイヤサイズは28インチ(コンチネンタル製)、油圧ディスクブレーキ装備となっており、500台の限定生産で価格は1,400ユーロ(19万円くらいなのでけっこう安い)。

なお、BMWは以前より多くの自転車を販売しており、それらは日本でよく見かける「ハマー」や「シボレー」「アフファロメオ」「ルノー」のようなライセンス生産ではなく、ちゃんとBMWが企画したものと思われ、その点では一線を画すと考えてよさそうです。

自転車を発売するハイパフォーマンスカーメーカーは多く、ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレン、ポルシェ、アストンマーティン、ブガッティもやはり自転車を発売していますが(”スポーツ”つながり?)、一方でベントレー、ロールスロイスといった高級車メーカーはこういった自転車をリリースしていないようですね(やはり客層が違うのだと思われる)。

 
関連投稿:BMWがi8限定モデルと同様のカラー/コンセプトを持つ電動アシスト自転車を発表

BMWがi8の限定モデルと同じカラーを持つ電動バイク(自転車)を発表。
「BMW i8 プトロニック・ダーク・シルバー」と同じグレー、そしてブルーを用いたもので、i8同様に電気と他の動力源との「ハイブリッド・ドライブ」という概念すらも共有したもの。

バッテリーは400Whで4つのドライビングモードを持ち、50%アシストの「エコ」から275%アシストの「ターボ」まで。
最高時速は25キロで10段変速を持ち、価格は40万円ほど。
300台の限定生産になる、とのことです。

関連投稿

BMW M バイクが登場。タイミング的にAMG GTSマウンテンバイクと被った?

BMWよりMバイク(自転車)が登場。
先日のAMG GT Sマウンテンバイクと色がよく似ており、かつ発表のタイミングが近すぎて「被った」印象も。

フレームカラーはオースティン・イエローでアルミフレームはハイドロフォーム成形。
なお500台の限定で、15万円ほどの価格です。

BMWは昔から自転車には積極的で、様々なデザインのものを発売していますね。

BMWがM2にインスパイアされた自転車「クルーズMバイク」発売。価格は18万円

1290240611608039096

BMWがM2をモチーフにした自転車「クルーズMバイク・リミテッド・エディション」を発売。
フレームカラーはロングビーチブルー・メタリックでフレームは不ハイドロフォーム成形のアルミニウム。

トップチューブはバイクのタンク形状をイメージした「ブルネック」で、独特の形をしていますね。
ブレーキはシマノの油圧ディスクブレーキで変速機は30段変速。
生産は1500台に限定され、価格は18万円ほどですが、最近はどの自転車も非常に高価になっており、逆にやすいような印象も受けます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5