>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

まさに怪物。アルファ4Cのエンジンを350馬力にチューンして搭載したフィアット500が販売に

投稿日:2017/09/27 更新日:

| こんなワイドボディは見たことがない |

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: giannini.jpg

アルファロメオ4Cのエンジンをチューンし搭載したフィアット500、「ジャンニーニ」が実際に走る動画が公開に。
こちらも初めて公開された時同様、なんらかのイベントでの様子のようですが、そのあまりにワイドなスタイルはまさに「怪物」。
なお製造元について、以前は「オムニオート」と紹介されていたものの、今回は「グラン・トリノ・エンジニアリング」とされており、社名変更があったのか、もしくは販売元と製造元といった違いなのかもしれません。

出力は350馬力、排気量は1.75リッターなので、じつに「リッターあたり200馬力」というパワーを誇ることになりますが、他の装備として語られているのは強化済みの6速マニュアル・トランスミッション(オプションでデュアルクラッチも選択可能)、6ピストンを持つブレンボ製ブレーキシステム(リアは4ポット)、オーリンズ製のプッシュロッド式サスペンションなど。

ちなみに駆動輪は後輪のみですが、もとのフィアット500は「FF」なので、外観以上にシャシーも改造されていると考えてよさそう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 500-4.jpg

ボディパネルはフルカーボンとなり(フロントのドライビングランプが格好良い)、ホイールは19インチ。
限定台数は100台とされ、価格は1800万円ほどとなっています。
なおニックネームは「350GP」とのこと。

関連投稿
フィアット500の超ワイドボディが登場。350馬力、プッシュロッド式サス装備で1800万円

1.4リッターから404馬力を発生するアバルト595誕生。ポルシェ・ケイマン/ボクスターより速くて高価

| 世の中にはとんでもないチューナーが存在する | フィアット/アルファロメオのチューニングを得意とする「POGEA RACING」がアバルト595を過激チューン。もとの「180馬力」を一気に倍以上の ...

続きを見る

フィアット500にアルファロメオ4Cのチューンドエンジン搭載、しかも4WD化。「Giannini 350GP4」発表

| あのフィアット500ジャンニーニが4WD化され、最強マシンに | あのフィアット500ジャンニーニ(Giannini)にニューモデル登場。これまでのモデルは後輪駆動でしたが、今回発表されたものはな ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5