>ロールスロイス(Rolls-Royce)

次期レイスはこうなる?ファントムをベースに制作されたレンダリングが公開に

投稿日:2017/10/14 更新日:

次期レイスはファントム・クーペも兼ねる”超”高級モデルに?

ロールスロイスは先日新型ファントムを公開したばかりですが、そのファントムをベースに「次期レイス」を予想したレンダリングが登場。
これはE.Milanoが作成したもので、以前よりいくつかレンダリングを公開していますね。
次期レイスが登場するのは2019年ごろと思われ、おそらくは6.6リッターツインターボV12エンジンを搭載するのでは、と見られています。

ロールスロイス・レイスとは?

初代ロールスロイス・レイスは1938〜1939年の間に生産。
その後ずっとレイスの名は途絶えたままでしたが、2013年に現行レイスが登場。
現行レイスは「ゴースト」のクーペモデルとなりますが、ロールスロイスは「ファントム(亡霊)」「ゴースト(幽霊)」、そして「レイス/Wraith」もまた「幽霊」という意味。
ほかにも「シルヴァースピリット(スピリット=精霊)」「シルヴァーセラフ(セラフ=天使)」など魂に関する命名が多いようですが、「ドーン(dawn、夜明け)」など霊とは関係のない名称も。

現行レイスは6.6リッターV12ツインターボエンジンを搭載して632馬力を発生し、全長5,280ミリ/全幅1,945ミリ/全高1,505ミリという大柄なボディを0-100キロにおいて4.6秒で加速させます。

新型ファントムは「セダン」のみでクーペやオープンはないと言われ、ファントムのオープンモデルは次期ドーンに、そしてクーペモデルはレイスに吸収されると思われますが、となると次期レイスは現在のレイスの価格「3333万円」を大きく超える価格となりそうですね。

あわせて読みたいロールス・ロイス・レイス関連投稿

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5