>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツG500 4×4²が受注終了。いよいよ新型Gクラスの生産準備を開始?

投稿日:2017/10/20 更新日:

エクストリームなG500 4×4²。新型Gクラスでは設定されない?

メルセデス・ベンツG500 4×4²がついに生産終了。
これはメルセデス・ベンツが公式に受注を終えると発表したもので、いよいよ新型Gクラスへ移行するカウントダウンの始まりかもですね。
日本だとG500 4×4²は未導入となりますが、北米ではけっこう人気のあるスーパーオフローダーで(画像はブラバスのコンプリートモデル)、その価格は3000万円オーバー。
なお日本市場だと「AMG G65(3900万円)」がトップレンジとなっており、北米とはモデル構成が少し異なります。

水深1メートルまで渡河可能

なおメルセデス・ベンツG500 4×4²はその名の通りG500をベースとするものの、シャシーはあのG63 AMG 6×6と多くを共有する究極マシン。
悪路走破性を向上させるために最低地上高は21センチから45センチにかさ上げされ、サスペンションは各輪ともダンパーを2本づつ装備。

Mercedes-Benz-G500-4x4-Review

トレッドはG500に比べて30センチ拡大され、はみ出たタイヤをカバーするためにオーバーフェンダーを装備。
さらにホイールは18インチから一気に22インチへ巨大化して水深1メートルまで渡れるというキャパシティを持つことになり、まさに「世界中どこでも」走行できる車ですね。
エンジンは4リッターV8で422馬力を発生し、重量3トンの車体を引っ張ります。

合わせて読みたいメルセデス・ベンツG500 4×4²関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5