>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

ほぼ廃車レベルの事故に遭ったBMWを新車状態に。その板金修理の過程が動画で公開

投稿日:2017/11/16 更新日:

板金作業の工程を動画で確認してみよう

どういった内容の事故だとこうなるのか不明なほど破損してしまったBMW 7シリーズ。
およそ前後左右、そしてルーフまでに被害が及んでいるものの、これを(ロシアの修理工場が)修理してゆく過程が動画で公開に。
車体を切ったり貼ったり、伸ばしたり曲げたりする様子を見ることができますが、27日の作業で見事元通りとなっています。

このBMWを新車と同じコンディションに修復

bmw-1

ベコベコになって運ばれてきたBMW。
さっそく修復作業を開始します。

bmw2

完全に歪んでしまった車体をまずは引っ張って大まかに修正。

bmw3

ルーフを外して(けっこう簡単に外れるのにはびっくり)・・・

bmw4

フロントも寸法を測って修理。

bmw5

リアもいったん切除した後に新しいパネルを溶接。

bmw6

なんとなくもとの構造と異なるような気もしますが、そこは「ロシア流」。

bmw8

純正のアウターパネルを取り付け。
ボディカラーが異なるので、リビルト(中古)パーツを利用しているものと思われます。

bmw9

見事完成!
しかしながら、作業の途中を見ているとちょっと不安なところもあり、そして左右のバランスなど「完全に元通りになる」のはちょっと期待できそうになく、ここまで破損してしまったら「廃車」にしてしまったほうがいいのかもしれません。

なお、作業については板金作業に15日、塗装に12日の「合計27日」。
日本は人件費が高いので、ここまで時間をかけるのであればやはり「廃車」としたほうが良いのかもしれませんね。

あわせて読みたい修理関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5