>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスのカスタム一番乗り。ロシアのトップカーがデザインを公開

更新日:

| 今回のトップカーはちょっと地味 |

ロシアのチューナー、トップカーがランボルギーニ・ウルスのカスタム一番乗りを目指してイメージ画像を公開。
トップカーは主にポルシェのカスタムで知られ、とくに全身フルカーボンへと外装をコンバートした「スティンガー」が有名。
その他にもメルセデス・ベンツのカスタムも多く手がけており、その多くが「過激&ゴージャス」。

パーツはいずれもアドオンなので価格はまだ安そう

今回のウルスについてもかなり過激なルックスとなっていますが、それでもこれまでにトップカーが公開してきたカスタムに比べると「ちょっと大人しめ」。

ざっと見てゆくと、フロントだとバンパー左右のエアインテークのガイド、バンパー下部に取り付けられたディフューザー状パーツ、フロントリップ、張り出したホイールアーチモール、エアアウトレットが設けられたフロントフード。

topcar-lambo-urus-bodykit-sketches-4

サイドではフロントフェンダーのエアアウトレットカバー、サイドステップ。
なおトップカーは(自社としての共通アイデンテティ確立よりも)そのクルマに合ったデザインにてパーツをリリースしてきており、今回のウルス用エアロパーツもウルスのイメージによくマッチしていると思います。
「新興」の部類ではあるものの、その開発速度の速さ、新型車へのいち早い適応にて名を売ってきたチューナーでもありますね。

topcar-lambo-urus-bodykit-sketches-2

リヤセクションが最も過激で、ルーフスポイラー、テールゲートスポイラー(トップカーの得意技)、リヤバンパー左右のエクステンション、リアバンパー下部のサラウンドやディフューザー、エクステンションなど。
そして特筆すべきはマフラーエンドで、ジェット戦闘機のバーナーのようなイメージに。

topcar-lambo-urus-bodykit-sketches-3

こちらはそのテールパイプ違い。
思い起こしてみると、ランボルギーニ・エゴイスタがちょうどこんな感じのマフラーエンドを持っていましたね。

あわせて読みたいトップカー関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ランボルギーニ・ウルス関連
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5