>中国/香港/台湾の自動車メーカー

加速はフェラーリ488ピスタ以上。ピニンファリーナデザインのスーパーEV、「HK GT」が公開に

投稿日:2018/03/09 更新日:

| ピニンファリーナは大忙し |

フェラーリ等のデザインで有名な、しかし現在はインドのマヒンドラ傘下にあるピニンファリーナがジュネーブ・モーターショーにて新型車「HK GT」を公開。
これは香港ベースの「ハイブリッド・キネティック・グループ(Hybrid Kinetic Group)」とのコラボレーションによるもので、マクロタービンによる発電を行い、その電力で走るEV。

加速はフェラーリ488ピスタよりも速い

モーターは4つ、2速トランスミッションを備え、マイクロタービンもしくはフューエル・セルによるレンジエクステンダー(発電機)が選択でき、出力は合計で1087馬力。
0-100キロ加速はなんと2.7秒で、これはフェラーリの最新モデル「488ピスタ」やマクラーレン720S、ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテよりも速い数字ですね。

2018-pininfarina-hk-gt-concept-10

全長は4980ミリ、全幅2000ミリ、全高1365ミリ、ホイールベースは2975ミリ。
一回の充電当たり走行可能距離は160キロですが、レンジエクステンダーを使用すればこれを1000キロまで伸ばせる、とのこと。

2018-pininfarina-hk-gt-concept-9

ドアには大きなガルウイングを備えており、インパクトは抜群。
なお、フロントグリルや全体的な雰囲気は「AMG GT」っぽくもありますね。

2018-pininfarina-hk-gt-concept-8

リアもなんとなくメルセデスAMG GT風。

2018-pininfarina-hk-gt-concept-6

さすがはピニンファリーナだけあってデザインレベルは非常に高く、そこが経験の浅いメーカーの不足を補って余りあるという印象。

2018-pininfarina-hk-gt-concept-24

なお、最近は中国や東南アジアにて進行自動車メーカーが多く出現していますが、そういったメーカーがピニンファリーナやジウジアーロに車体デザインを依頼するケースが多く、これは「以前(新興メーカーが出てこなかった頃)には見られなかった傾向」。
そういった意味では自動車業界も大きく変わりつつあり、デザインハウスの役割が再評価されている、とも言えそうです。

2018-pininfarina-hk-gt-concept-23

操作の多くはタッチパネルで行うようで、スイッチ類がほぼ見られないコクピット。

2018-pininfarina-hk-gt-concept-22

あわせて読みたいハイブリッド・キネティック関連投稿

フェラーリのデザインで有名なピニンファリーナが香港企業とのタッグにて新型車「HK GT」の発表を予告
ピニンファリーナ・デザインのEV3モデルが公開。マイクロタービンで発電し1000キロ走行可能

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f