■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー

ピニンファリーナデザインのスーパーEV、K350/H500公開。香港発のベンチャーより発売

投稿日:2018/04/26 更新日:

| このまま行けば本当に発売されそう |

ピニンファリーナが北京モーターショーにて、香港のEVスタートアップHKG=Hybrid Kinetic Groupとのコラボレーションにて開発を進めるEV、K350とH500とを公開。
すでにH600/HK GTは公開済みですが、いずれもHKGがその特徴だと掲げる「縦方向のルーバーを持つ大型グリル」を装着しており、同様にHKG得意の「薄型ヘッドライト」と組み合わせとなっています。

K350はスタイリッシュなSUV

こちらは「K350」。
さすがピニンファリーナ、と唸るスタイリッシュなルックスを持っています。

pininfarina-k350-suv-concept (2)

ドアハンドルはフラッシュマウントでウインドウはブラックアウトされた「フローティングデザイン」。
これによってSUVにもかかわらず重心が低く見えるようですね。

pininfarina-k350-suv-concept (1)

インテリアは極めて先進的。
ステアリングホイールなど操作系が前面に押し出されていることからもわかるとおり「自動運転」は考えていないようですが、そのぶん現実的で、今すぐにでも発売できそうな使用を持っていると思います。

出力は403馬力で0-100キロ加速は4.7秒、最高速度は時速250キロ、とアナウンスされており、なかなかの高性能ですね。

pininfarina-k350-suv-concept (3)

H500はクーペ風セダン

同時に発表された「H500」もなかなかにスタイリッシュ。
フロントグリル、ヘッドライトはK350同様のデザインを持ちますが、ルーフはK350のような「フローティングデザイン」ではなく、これはおそらくリアの緩やかに傾斜するルーフラインを見せたかったからなのかもしれません。

pininfarina-h500-sedan-concept

こちらは402馬力で0-100キロ加速は4.5秒、航続可能距離はなんと1000キロ、というスペック。

pininfarina-h500-sedan-concept (2)

やはりインテリアは先進的で、「2段」となったディスプレイが大きな特徴。
K350同様に物理スイッチが少なく、殆どの操作をタッチパネルで行うようですね。

pininfarina-h500-sedan-concept (1)

なお、ピニンファリーナはフェラーリのデザインでも知られる名門カロッツェリア。
現在はインドのタタ傘下にありますが、現在はこのHKG、ほかにベトナム初の自動車メーカーであるVinFastのデザインを担当。
加えて新たに「アウトモビリ・ピニンファリーナ」を設立し、台数限定にて超高級EVメーカーへの転身も発表していますね。

あわせて読みたい、ピニンファリーナ関連投稿

ピニンファリーナが市販車計画詳細を語る。「ハイパーEVは2.8億」「SUVは最低でも2000万円」
ピニンファリーナが「超高級EVブランド」設立と正式発表。コレクター向けに少量生産を行う見込み
加速はフェラーリ488ピスタ以上。ピニンファリーナデザインのスーパーEV、「HK GT」が公開に
フェラーリのデザインで有名なピニンファリーナが香港企業とのタッグにて新型車「HK GT」の発表を予告

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5