>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

ホンダ自ら所蔵するNSX-Rの動画を公開。走行、そして魅力的なエンジンサウンドを奏でる様子も

更新日:

| ホンダが自社にて所有するNSX-Rの動画を公開 |

ホンダ自身がもてぎに収蔵しているクルマ/バイクを紹介する動画シリーズ「収蔵車両走行ビデオ」ですが、これは文字通りそのクルマ/バイクの走行を動画にて披露するもの。
車両によってはその機能やパフォーマンスを示すためにエンジンをガンガンふかしてくれるというサービス精神満載の動画で、さらには文字による解説も行ってくれるという「参考になる」動画です。

なお、ホンダはいずれの車両も「動態保存」を行っており、定期的にクルマやバイクを点検のために走らせているとしており、その際に動画を撮影しているようですね。

現代のクルマでは再現不能なエンジンサウンド

今回は最新動画として2002年の「ホンダNSX-R」が公開され、そのサウンドを披露。
高回転時のサウンドは空冷ポルシェのようなシャープな音で、現代のクルマ、とりわけターボ車では望めないものに(現代のクルマは意図的に排気音を大きくしているのでエンジンサウンドがわからないものの、NSX-Rはエンジンの作動する機械的な音がわかる)。
NSX-RはⅢ型NSXに設定されたハードコアモデルで、「タイプR」扱い。
なお、最初にタイプRが設定されたのはⅠ型NSXで、このときは「NSX-R」ではなく「NSX Type R」と命名されていますが、なぜⅢ型では「NSX R」となったのかは不明です。

ホンダは創業からこれまでの名車を自社コンテンツ内にて公開しており、こちらも楽しめる内容に。

それでは動画を見てみよう

ホンダNSX-Rは重量1270キロ、出力280キロ。
徹底した軽量化に加えて固められた足回りという「定石」に則ったスパルタンモデルですね。
0-100キロ加速は4.4秒、とされています。

こちらが貴重なNSX-Rが走行する動画、「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ NSX-R(2002年)」。

NSX最終「Ⅲ型」、「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ Honda NSX(2001年)」。

インテグラ・タイプRを紹介する「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ Integra Type R(2001年)」。

バイクも多数公開されていて、こちらは「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ NSR150SP(1996年)」。

ホンダは2輪と4輪両方を製造するメーカーですが、そのため「ストリーム」「ビート」「インテグラ」「トゥデイ」も2輪と4輪両方に存在していますね。
なお、「ビート」にはV-TECのような「V-TACS」機構が装備され、専用ペダルを踏むことでハイパワー化する、という珍しいもの。
詳しくはこの動画、「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ BEAT(1983年)」にて。

そしてこれもエポックメイキングなスクーター、「Honda Collection Hall 収蔵車両走行ビデオ Zook(1990年)」。

関連投稿

ホンダNSX / NSX-Type R / 後期NSXを動画で比較。レビューを公開

スクリーンショット 2015-11-23 10.09.28のコピー

初代ホンダ(アキュラ)NSXが登場してはや15年ですが、XCARがNSX、NSXタイプR、後期型NSXを比較。

登場時は日本においても相当な衝撃で、当時ではずば抜けた価格設定(800万円)やオールアルミボディ、ポルシェやフェラーリと対等に渡り合えるパフォーマンスという点でもバブルの象徴のような車でもあったと思います。

それは海外においても同じだったようで、当時のテストではフェラーリ348やポルシェ911よりも優れる、という評価がなされた模様。

ぼくもかなりの衝撃を受けたクチで、発表当初はとうてい手の届かない車でしたが、後期型になると就職してしばらく経過していたので「10年ローンくらいだったらなんとかなるか」と考え、NSX Type S-Zeroの購入を真剣に考えたものです。

結局はポルシェ・ボクスターを購入することになりましたが、これはボクスターの場合「残価設定ローン」「低金利」が使用できたために月々の支払いがNSXにくらべて半分以下になったことが影響しており(かつホンダでローンを組むと異常に金利が高い、しかし銀行などのローンでは金額が大きすぎて通らなかった)、もし当時NSXにも残価設定ローンがあればNSXを購入していた可能性もあったわけです。
※正確に言うとNSXは試乗の結果思っていたような車ではなく、登場からしばらく経過していたこともあってちょっと古さも感じられ、けしてローンだけの問題ではなかったわけですが

なお現在中古ではなんと275万円から購入することが可能で、新車でトヨタ86やマツダ・ロードスターを購入する資金があればNSXの中古が楽に購入できる、ということになります。
かつ売却時においてもここから相場が大きく下がるとは考えにくく、やはりトヨタ86、マツダ・ロードスターの新車にくらべて(売り買い通して考えると)有利かもしれません。
ただ、税金や車検、その他補修費用などがかかることはまちがいなく、しかし短期間の所有であればお買い得かもですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5