>アウディ(Audi)

アウディRS4をシャシダイで計測したユーチューバー。公称値450馬力なのに実際の数値は?

投稿日:2018/07/29 更新日:

| アウディRS4アバントをシャシダイでテスト。公称値450馬力だが? |

ユーチューバーがアウディRS2アバントをシャシダイ(シャシーダイナモ)に乗せてパワーチェック。
自動車の出力はカタログに記載されていますが、これは通常「タイヤが路面に伝える駆動力ではなく、エンジンが発生する出力」となっています。
日本のJIS規格だと「エンジンに補機類を装着した状態」だと定義していますが、これはエンジンにラジエターと冷却水の循環に関する装置、排気管(エキゾーストシステム)、エアクリーナーなどを装着した状態ということで、「そこから先」つまりトランスミッションやドライブシャフト、ホイール等は装着されていない状態ということに。

一方でシャシダイで計測するのは画像のように「車体をローラーに載せて」タイヤがどれだけの駆動力を発生させているかを計測します。
つまり、シャシダイでの計測は「ドライブトレーンの駆動ロスが勘案されて」の数字となり、よってカタログ値よりも低くなるのが通常。

一般に公称値を下回る数字を記録するのが普通

通常、FF/MR/FRだと10~15%、4WDでは20~25%ほどのロスが生じると言われています。
これまで報じられた数値だとおおよそ下記の通りですが、BMW M5とマクラーレン720Sは「カタログ値以上の数字を記録」していることがわかりますね(M5の数字にはびっくり)。

アルファロメオ・ジュリア・クワドリフォリオ(FR)・・・カタログ値510馬力/実測392馬力、ロス23%
BMW M5(4WD)・・・カタログ値600馬力/実測625馬力。逆算するとエンジン単体では781-840馬力くらい出ている
ランボルギーニ・ウラカンRWD(MR)・・・カタログ値580馬力/実測492馬力、ロス15%
マクラーレン720S(MR)・・・カタログ値720馬力/実測698馬力。逆算するとエンジン単体では800馬力くらい出ている
ホンダ・シビック・タイプR(FF)・・・カタログ値320馬力/実測295馬力、ロス8%

アウディRS4の馬力は尋常ではなかった

そこで今回のアウディRS4アバントの計測結果ですが、その数字は公称値450馬力に対し、なんと驚愕の460.2馬力。
アウディRS4アバントは4WDなのでロスが20-25%ほどあるということを想定すると、エンジン単体では580-610馬力くらい出ているという計算になり、これはランボルギーニ・ウラカンやアウディR8と同等の数字だということになりますね。

アウディはRS5発表時に加速データなどを「控えめ」に公表しているという発言を行っていますが、450馬力をカタログ値とするRS4が(エンジン単体で)580-610馬力を発生しているというのは驚きとしかいいようがありません。

それでは動画を見てみよう

こちらがそのあふれるパワーが炸裂する動画、「Audi RS4 dyno test - how much power does it actually have? 」。

あわせて読みたい、シャシーダイナモ関連投稿

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5