>ロータス(Lotus)

ロータスが”ファン感涙”、伝説のF1マシン「49」「79」モチーフのエキシージを限定発売

投稿日:

| ロータスがF1マシンモチーフのエキシージを限定発売 |

ロータスがこれまでとはちょっと変わったエキシージの限定車、「Exige Type 49」「Exige Type 79」を発表。
これはロータスの70周年を記念して発売されるモデルとなり、グラハム・ヒルが1968年にチャンピオンを獲得した際にドライブしていた「ロータス49」、そしてマリオ・アンドレッティが1978年にチャンピオンに輝いた際のマシンである「ロータス79」へのオマージュ。
ベースとなる車両は「エキシージ430」で、ヘセルに持つ自社のテストコースにてファステストラップ(1:24.8)を記録した、と公表されています。

エキシージ・タイプ49はこんなクルマ

ロータス・エキシージ・タイプ49のエンジンは430馬力、0-100キロ加速は3.3秒、最高速度は290km/h。
F1マシンのロータス49同様レッドにペイントされ、フロントスプリッター、バージボード、ルーフパネル、リアウイングにはチャンピオンシップゴールドのピンストライプ入り。

lotus-exige-type-49-79-special-editions (3)

その他だとカーボンファイバー製のフロントスプリッター、エアカーテン、フロントアクセスパネル、サイドインテーク、ルーフパネル、テールゲートパネル、ストレートタイプのリアウイングが特徴。
ホイールはゴールド仕上げのウルトラライトで、表面にはダイヤモンドカットが施され、ブレーキキャリパーはレッドに彩られます。

lotus-exige-type-49-79-special-editions (2)

なお、F1マシンのほうの「ロータス49」は、1966年投入の「ロータス43」の発展版。
アルミ製モノコック構造を持ち、エンジンはフォード製。
当時はグラハム・ヒルに加えてジム・クラークもドライブしており、1967年ではアメリカGP、1968年は南アフリカGPでワンツーフィニッシュを飾っています。

ロータス・エキシージ・タイプ79はこんなクルマ

一方のエキシージ・タイプ79は「ブラック」。
エキシージ・タイプ49のドアミラーがシルバーであるのに対し、こちらはドアミラーもボディカラー同色となり、全体的にすごみの感じられる雰囲気ですね。
Cピラーにはエキシージ・タイプ49同様に、スペシャルモデルであることをあらわすレター入り。

スペック・仕様はエキシージ49と同一、とアナウンスされています。

lotus-exige-type-49-79-special-editions (1)

F1マシンの「ロータス79」は1978年に実戦投入され、「ジョン・プレイヤー・スペシャル・マークⅣ」としても有名。
そのデザインがあまりにも美しく、「ブラックビューティー」と呼ばれることも。

1978年には11戦中10戦においてポールポジションを獲得するなど、圧倒的な強さを見せています。
当然本戦でもその強さは変わらず、しかしこの快進撃を止めたのはぼくの愛するトンデモマシン、ブラバムBT46B(ファンカー)。
そう考えると、このあたりはF1が面白かった時代だったのでしょうね。

lotus-exige-type-49-79-special-editions

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ロータス(Lotus)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5