>その他アメリカ車

中国から凄いジープ・ラングラー来た!外装サビサビ、内装ヴィンテージ風、かなりコストがかかってそうなカスタム

投稿日:2018/08/03 更新日:

| ジープ・ラングラーがサビサビの外観に |

中国より登場の「ジープ・ラングラー・リミテッド」カスタム。
ナンバーを見ると北京在住のオーナーのようですが、外観は見ての通りサビサビ。
なおタイヤ/ホイールも交換され、車高がリフトアップされたり、各種バーやLEDライトが取り付けられるなど、かなりワイルドな仕様です(ハミタイが合法なのかどうかは不明)。

ここまで手がかかったカスタムカーも珍しい

なお、その「サビ」に加えてヒンジなど細かいパーツにもエイジング加工が施され、「年季」を感じさせる仕上げに。

vilner12

この「サビ」はラッピングではなく、実際に薬品を使用してサビさせているようにも見えますが、ヒンジ、アンテナには傷も入れられているようですね。

vilner8

インテリアもヴィンテージ加工

内装についても、外装同様に「ヴィンテージ加工」。
ルーフ含めてすべてが張り替えられているものの、使用されるアルカンターラ、レザーともにアンティーク風(張り替えてからすぐクラッシュ加工を施した、ということに)。

手がけたのはブルガリアのヴィルナーですが、このチューナーは中国にもオフィスを構え、中国の「カスタム需要」を見込んでいるようです。

vilner6

ステアリングホイールも「スレ」や「ハゲ」「汚れ」にてダメージを再現。
ダッシュボードは総アルカンターラ張りですね。

vilner5

シフトノブはアンティークっぽいスカル(ドクロ)。
シャフト部分には革紐が巻き付けられるなど演出もたっぷり(インディ・ジョーンズやパイレーツ・オブ・カリビアンを連想させる)。

vilner4

エアコン吹出口は劣化した真鍮風。

vilner3

ドア内張りは張り替えられるだけではなくレザー製のポケットも。
ヌメ側のような感じなので、使用してくるにつれ、また日焼けによって表情が変わってきそうですね。

そしてドアポケット部の加飾も「ハンマーで叩いた金属風」。

vilner2

リアシートにはレザーの専用バッグ。
カーゴマットもくたびれたレザー風で、いまだかつてここまで手の込んだカスタムが施されたジープ・ラングラーも無いだろう、と思わせるほど。

いや凄いなこのクルマという印象ですが、これが「中国から出てきた」のには驚きです。

vilner1

あわせて読みたいサビ/褪色加工関連投稿

VIA:Vilner

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5