>アウディ(Audi)

東欧からアウディS5の超ワイドボディ。カスタムの過程とバットを持った女性も公開

投稿日:2018/10/10 更新日:

| ポーランドから、アウディS5のレーシングカー風カスタムが登場 |

ポーランドのチューナー、「SR66デザイン」がアウディS5をカスタム。
カスタムの内容としてはワイドボディキット装着、それに伴う前後バンパーの交換、フロントスポイラーやリアウイング、リアディフューザー追加、それに伴うサスペンションやタイヤ/ホイールの交換など。

なお、画像にはバットを持った女性が写っていますが、ロシアの「ダーツプロモーション」も同様にバット(しかも車両と同じようにカスタム済み)を車とセットにしており、ロシアや東欧は「バット」が好きなのかもしれません。

カスタム内容は実にハードだった

なお、こちらがカスタムのビフォー/アフター。
これを見ると、どれだけの変化があったのかがわかりますね。

Audi-RS5 (5)

そしてこちらがカスタムを行う途中。
フロントバンパーやフロントフェンダーを入れ替えている途中で、ここからさらにサイドステップやリアフェンダー、リアウイングなどが追加されたうえ、フロントグリルやフロントリップなどのパーツが取り付けられるものと思われます。

Audi-RS5 (1)

そしてこちらがワイドボディ化が完了した状態。
まだグリルやリップが装着されていない状態ですが、ドアミラーはスパッタリング加工のシルバーのものへと交換済み。

そして車高はエアサスによって落とされているものの、ホイールは「まだ純正」。
なお、この「ホイールの内側への入り具合」を見ると、どれだけワイド化されたかがわかろうというものです。

Audi-RS5 (2)

そしてこちらが完成した状態。
ホイールは20インチサイズですが、なんと「11J」という太さ。

Audi-RS5 (4)

カラーリングについては、おそらくアウディの「ワークス」を意識したものと思われ、ホワイトにグレー、レッドというカラーを忠実に再現しているようですね。

アウディをハードチューンするチューナーは多い

なお、アウディはチューナーにとっても「オイシイ」商材で、そのため多くのチューナーがアウディをカスタム。
とくにRS6の人気が高いようにも思います。

こちらはDTM用レーシングカーのようなRS6アバント。
オーバーフェンダー、カナードなどが装着され、まさに「戦闘的」ですね。

南アフリカ発、DTMルックのアウディRS6。カーボン製ワイドボディ、シースルーボンネットで武装

同じくRS6アバントですが、ゾンビハンターっぽいワイルド系カスタム。
ルーフにはラック、大型アディショナルランプが見られます。

今度は「サバイバー」系カスタム。ゾンビがが襲ってきても大丈夫なアウディRS6アバント

R8のカスタムも多く、やはりヨン・オルソンの影響を受けたカモフラージュやルーフボックスといった手法が用いられることが多いようです。

アウディR8にカモラップ&ルーフボックス。ブラックとレッドをアクセントに使用した秀逸カスタム

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5