>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

「もっとも安価な」メルセデスAMG GT4ドア「GT43」発表。昔のAMG風ホイール装着で1250万円

投稿日:2018/09/18 更新日:

| これでメルセデスAMG GT 4ドアクーペのラインアップはいったん完結? |

AMG GT 4ドアクーペに「エントリーグレード」のGT43が登場。
これまで「GT53」、「GT63」、トップレンジの「GT63S」が公開されていますが、このGT43に採用されるエンジンは直6で、367馬力を発生します。

ちょっとややこしくなってきたのでAMG GT 4ドアのラインアップを整理するとこんな感じ。
なおトランスミッションはいずれも9速AMGスピードシフトですが、直6はトルコンベースのTCT、V8エンジンは湿式クラッチを用いたMCTとなっています。 AMG GT43・・・3リッター直6ターボ/367馬力/0-100キロ加速4.9秒
AMG GT 53・・・3リッター直6ターボ/435馬力/0-100キロ加速4.4秒
AMG GT 63・・・4リッターV8ツインターボ/577馬力/0-100キロ加速3.3秒
AMG GT 63 S・・・4リッターV8ツインターボ/630馬力/0-100キロ加速3.1秒

レトロなホイールがなかなかナイス

AMG GT43の駆動方式はほかグレードと同じく4WD(4MATIC)を採用し、GT53同様にエレクトリックモーターによる22馬力の「EQブースト」を活用可能。

2019-mercedes-amg-gt-43-four-door-coupe (2)

面白いのはホイールで、これはほかモデルと異なって「ディッシュ」。
いわゆるモノブロック風デザインということになりますが、雰囲気的には「現代風」であるものの、ちょっとレトロな雰囲気もあっていいですね。

2019-mercedes-amg-gt-43-four-door-coupe (6)

メルセデスAMG GT4ドアクーペはポルシェ・パナメーラを直接のライバルとして誕生していますが、そのルックスはまさに「4ドアクーペ」。

2019-mercedes-amg-gt-43-four-door-coupe

メルセデス・ベンツCLSとの共同開発ではあるものの、CLSよりも「クーペ的」で、そのルールラインがリアエンドを終点とするところにまで伸びているのが特徴です。

2019-mercedes-amg-gt-43-four-door-coupe (5)

そのため「クーペ」を通り越してワゴン的な印象すら(角度によっては)受けますが、パナメーラよりはかなり広いカーゴスペースを持っているように見えますね。
なおトップレンジのAMG GT 63Sはニュルブルクリンクを7:30にて走行し、「ニュルブルクリンクでもっとも速いサルーン」の座へ。
つまりパナメーラよりも速いタイムを記録したことになりますが、販売面でパナメーラに一矢報いることになるのかは今後の報告を待ちたいところです。

ちなみにもっとも高価なメルセデスAMG GT 4ドアクーペは「AMG GT 63S エディション1」で、その価格2200万円ほど。
今回発表されたAMG GT43の価格は1250万円ほどとなっています。

2019-mercedes-amg-gt-43-four-door-coupe (4)

日本での価格については未発表ですが、すでに生産が開始されたことが報じられており、日本での発表も「もうじき」かもしれませんね。

2019-mercedes-amg-gt-43-four-door-coupe (8)

VIA:Mercedes-Benz

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5