>マクラーレン(McLaren)

もともと無敵の720Sをさらにチューン。マクラーレン自らがサーキット向け軽量オプション「トラックパック」投入

投稿日:2018/10/14 更新日:

| ただださえ無敵のマクラーレン720Sが手の届かない領域にアップグレード |

 

マクラーレンが720S向けにサーキット走行を前提としたパッケージオプション「トラックパック」を発売。
これは「スーパーライトウエイトホイール(マクラーレンのホイールは”ライト”のほかに”スーパーライト”がある)やカーボン製パーツにて24キロの軽量化を果たしたもの。

内容としてはこのホイールのほか、カーボン製のリアウイング、スポーツエキゾースト、カーボン製レーシングシート(おそらく”セナ”と同じもの。レギュラーサイズとツーリングサイズがある)、カーボン製パドルシフター、アルカンタラ巻きのステアリングホイールなど。

トラックパックの内容は「お約束」

さらにトラックパックではドライブモードも変更されてテレメトリーシステムも装着されますが、これは3つのカメラを仕込んで画像を記録し、走行データを解析するもの。

156c4ced-mclaren-720s-trackpack-12

なお、このロールバーについては装備詳細に記録されていないものの、おそらくはトラックパックに含まれる、と思われます。
もちろんこれを装着することで重量は嵩んでいるはずで、しかしそれでも全体で「-24kg」は大したものですね。

6b231b10-mclaren-720s-trackpack-10

なおエンジンは720馬力と変わらないとのことですが、すでにマクラーレン720Sは「最強最速」の名をほしいままにしており、これ以上のパワーは必要ないのかもしれません。

気になるトラックパックのオプション価格については約400万円。
数字だけ見るとかなり高価で、しかしながらマクラーレンによるとそれぞれのパーツを単品で購入するよりはずっと安い、とのこと(とくにホイールとカーボンシートは高そう)。

画像を見るとかなりな広範囲に渡ってカーボン製パーツが装着されているものの、リアウイング以外のカーボンパーツは「オプション」なのかも。

e3c2c0ba-mclaren-720s-trackpack-08

はじめてマクラーレン720Sを真上から見ましたが、これまた風の流れが手に取るようにわかるデザイン。
ドア単体で見ると上部のスリットにそう大きな意味があるようには思えないものの、こうやって見るとその機能が視覚的にわかりますね。

4509d044-mclaren-720s-trackpack-07

なお、マクラーレンは570Sに対してもトラックパックを追加し、その後570GTにもトラックパックを追加。
570GTはその名の通り「グランドツーリングカー」的な設定を持っており、足回りが柔らかくステアリングレシオがスローに。

マクラーレンが新オプション「トラックパック(352万円)」「デザイン・エディション(131万~)」追加

しかしながら570GT向けのトラックパックではこれを「570S同様に鋭く」設定し直すもので、やはりマクラーレンの顧客はより俊敏な動きをクルマに求めているのだということがわかります(そう思うと、マクラーレンがSUVを絶対に作らない、というのもよく分かる。おそらく顧客もそれを求めていない)。

c8e717d6-mclaren-720s-trackpack-11

そのうち、この「トラックパック」を装着したマクラーレン720Sが動画に登場し、とんでもない加速を見せてくれることになりそうですね。

4f31f485-mclaren-720s-trackpack-02-1024x683

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5