>アウディ(Audi)

アウディRS5がアグレッシブに変身。ABTがワイドボディのSQ5とともにSEMAに参戦

投稿日:2018/11/01 更新日:

| エアロパーツ装着、マットペイントで過激にイメージシェンジ |

アウディやフォルクスワーゲンのチューンで知られる「ABT」がSEMAショーにアウディRS5、SQ5のカスタムカーを展示。

RS5のほうは「ABT RS5-R」と題されて実際に50台限定で発売されるとのことですが、ボディカラーは「マット」ナルド・グレー、そしてエアロパーツとしてフロントリップ、エアロフリック、グリルフレーム、サイドブレード、ホイールアーチベント、サイドスカートインサートを装備しています。

なお「ナルド・グレー」はアウディのRSモデルに用意されることが多いボディカラーではあるものの、今回のRS5-Rはこれを「マット」で(ペイントもしくはラッピングにて)仕上げたということになりますね。

アクセントはグロスブラック

なお、マット仕上げのナルド・グレーに対してブラック部分は光沢のあるグロス仕上げ。
21インチサイズの「GR」ホイールにもグロスブラックが用いられています。

audi-abt-rs5-rsq5 (3)

さらに車高はなんと10センチも落とされていて、これは車高調整機能付きとなり、アンチロールバーも強化されている、とのこと。

audi-abt-rs5-rsq5 (1)

ABTオリジナルのエキゾーストパイプにはカーボン製のスリーブ(ベゼル)つき。

audi-abt-rs5-rsq5 (6)

そのほかECU変更にて出力は450馬力から510馬力へと向上している、とのこと。

audi-abt-rs5-rsq5 (5)

しかしこの状態で「10センチ車高ダウン」だとすると、ノーマル状態はどれだけ高かったのか、と思ったりします(RSモデルなのでそこまで車高が高いはずはないと思うのですが)。

SQ5はワイドボディ化

もう一台のアウディSQ5はABTのフルエアロキットを装着してワイドボディ化が図られ、内容としてはオーバーフェンダー、フロントスカート、ドアストリップ、サイドステップ、リアスカート等。

その他はブラック仕上げの22インチホイール装着、各部のブラックペイントなど。

機能面ではエキゾーストシステム(やはりカーボン製のベゼル付き)が入れ替えられて354馬力から425馬力へとパワーアップを果たしており、大きくパフォーマンスアップしていそうです。

audi-abt-rs5-rsq5 (2)

ABTはアウディからも認められたチューナー

なお、ABTはチューニングカンパニーではありますが、その技術はアウディのお墨付き。
実際にアウデイとのコラボレーションにて705馬力を発生する「RS6アバント・ノガロ・エディション」を発売したことも。

アウディがRS2へのオマージュ「RS6アバント・ノガロ・エディション」発表。なんとABTとのコラボで705馬力

その他、RS4をノーマルから80馬力パワーアップさせたり、

ABTがアウディRS4最新チューンを公開。ノーマル比+80馬力、足回りも強化しスーパーワゴンに

RS6をハイブリッド化したことも。
このあたりはアウディと共同でフォーミュラEに参戦した経験が活きている、と言えそうです。

なんとABTがアウディRS6をハイブリッド化。「エレクトリックブースト」で1000馬力に

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アウディ(Audi)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5