>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリ812の後継はこうなる。アーティストがエレクトリック時代の「8E8ハイパースピード」公開

投稿日:2018/11/21 更新日:

| 未来の”ピュアエレクトリック”時代だとフェラーリはこうなる |

韓国のデザイナー、Sang-Hyuk Ahn氏が考えた「フェラーリ812スーパーファストの後継」。
フェラーリ812スーパーファストは登場してまだ二年ですが、フェラーリは「2019年以降に発売するフェラーリをすべてエレクトリック化する」と発言しており、よって将来発表される812スーパーファストの後継モデルもハイブリッド化されるのは間違いなさそう(最近はちょっとこの流れが変わりそうではありますが)。

もしハイブリッド化されるにしても、その登場時期を考えると「ピュアエレクトリック」ということにはならないと思われ、しかしSang-Hyuk Ahn氏が考えたのは大胆にも「ピュアエレクトリック」。
その名は「8E8Hyperspeed(ハイパースピード)」と命名されています。

デザインは数パターンが公開に

なお、8E8Hyperspeedのデザインは複数の案が公開され、フロント、サイド、リアの意匠違い。
全体的なシルエットはエレクトリックモデルといえども伝統的な「ロングノーズ・ショートデッキ」で、812スーパーファストを連想させるものでもありますね。

一番上の画像はF12ベルリネッタ、812スーパーファストを想起させる「縦長ヘッドライト」を持ち、下の画像ではうって変わって「横長」。
ただし「中央に細いライン」が入るところは共通しているようですね。

ed9fb267333465.5b35b5b409560

そしてこちらはさらに横長のヘッドライト。
雰囲気的には「セルジオ」に近いかもしれません。

ec09fb67333465.5b35b5b408126

リアのデザインもいくつかあり、これは「横長」。

d4e10567333465.5b74880ea7d04

こちらも横長ですが、よりスリムなデザイン。

6dd4c367333465.5b774cfa98d68

更にスリムに。
ちょっと不思議なのは、フェラーリのリアを特徴づけているともいえる「丸型」テールランプを採用しなかったこと。
もちろん意図があってのことだと思いますが、なかなかにアヴァンギャルドな試みですね。

2b2b6d67333465.5b74880ea9361

一方でサイドのイメージは「V12フェラーリらしい」もの。

fa807067333465.5b74a5caf2456

なお、Sang-Hyuk Ahn氏は過去にも「ピュアエレクトリック」アルピーヌとして”A130のレンダリングも公開。
こちらも今回の8E8ハイパースピードに劣らず未来的なルックスを持っています。

未来のアルピーヌはこうなる。デザイナーがエレクトリック/自動運転っぽいレンダリングを公開

ほかにもある、”未来の”フェラーリ

フェラーリはアーティストやデザイナーのクリエイティブマインドを掻き立てるようで、これまでにも数加須のレンダリングが公開に。

こちらは2025年のフェラーリをイメージした「F25」。

オフィシャルとして公開されてもおかしくない?未来のフェラーリ「F25」がレンダリングにて登場

2030年モデルのフェラーリ「F413」。

未来のフェラーリはこうなる?2030年の「フェラーリF413」がレンダリングにて公開

やはり2030年にはフェラーリはこうなるだろうというレンダリング。

デザイナーの考える2030年のフェラーリ。その頃にはフェラーリも自動運転&エレクトリック?

VIA:Sang-Hyuk Ahn-Behence

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5