>スウェーデンの自動車メーカー

存在するのは世界に4台。フルカーボンボディのケーニグセグCCXR”エディション”が2.7億で販売中

投稿日:2018/11/17 更新日:

| 全身カーボン、右ハンドル仕様は世界に一台のみが存在 |

世界に4台のみが存在する、「ケーニグセグCCXRエディション」が中古市場に登場。
そしてこの個体は「右ハンドル」ですが、CCXRエディションの右ハンドルは「1台のみ」。
よって相当に希少なモデルだと言えますが、そのぶん価格も「相当」で、なんと2億7000万円というプライスタグを掲げています。

なお、この価格だとプレミアを考慮しても多くのハイパーカーを購入できますが、そこまでの希少価値がこの車にはある、ということなのかもしれません。

ちなみに新車の「レゲーラ」は2億2000万円ですが、フロイド・メイウェザーJr.が以前に売りに出していたケーニグセグCCXRは新車で5億円を超えるとされており、とにかくケーニグセグの限定モデルは異常に高価、ということになりそうです。

フロイド・メイウェザー所有のケーニグセグCCXRが競売に。世界で三台、新車価格は5億6000万円

エコフレンドリーなバイオフューエルにも対応

ケーニグセグCCXRエディションのエンジンは4.8リッターV8”ツイン”スーパーチャージャー。
通常のガソリンだと出力は876馬力ですが、バイオフューエル(最近は聞かなくなった)を使用するとその出力はなんと1004馬力にまでアップする、とされています。

koenigsegg (7)

車両には正規ディーラーによるサービス記録が付属するとのことですが、奇妙なのは実際のところ2008年に販売されているのに対し、販売サイトでは「2017年モデル」と記載されていること。

koenigsegg (3)

ボディパネルは「すべて」カーボンファイバーで、見える範囲はまさにカーボンだらけ。
ここまで「カーボン」なクルマもけっこう珍しい、と思います。

koenigsegg2

もちろん全てのパネルは電動にて開閉可能。

koenigsegg (12)

エンジンルームもカーボンだらけ。

koenigsegg (8)

フロントフードを開くとこんな感じ。

koenigsegg (11)

中央のパネルを開くと車載工具や牽引フック、三角表示板が収納されています。

koenigsegg (6)

メーターパネルはけっこう凝った造形で、スピードメーター、タコメーター、ブースト計が「同軸」という珍しい構成。

koenigsegg (5)

スーパーカーにはなくてはならない「消化器」。

koenigsegg (4)

リアバルクヘッドには豪華なキルティング。
スイッチの形状や仕上げもかなり高い質感を感じさせるもの。

koenigsegg (1)

中央のスイッチ類はアルミ削り出しのようですね。
センターコンソールのスイッチプレートは「マッハGoGoGo」を連想させます。

koenigsegg (13)

ダッシュボードには「KOENIGSEGG EDITION」の刺繍。

koenigsegg (10)

シートにも「KOENIGSEGG EDITION」の刺繍。

koenigsegg (9)

VIA:Autotrader

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5