>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

外観は超ハード、インテリアは超豪華。内外装フルカスタムのランドローバー・ディフェンダーが販売中

投稿日:2018/11/29 更新日:

| 超タフなランドローバー・ディフェンダーのカスタムが登場 |

カーン・デザインとチェルシー・トラック・カンパニーとが共同にてカスタムしたランドローバー・ディフェンダーが公開に。
リアセクションをカットされて「4ドアピックアップ形状」となり、ボディカラーはタフなイメージを演出する「ヴォルカニック・ロック・サテン(Volcanic Rock Satin)」にペイントされています。

フロントだとLEDデイタイム・ランイングランプが内蔵されたバンパーが目を引きますが、グリルやヘッドライトベゼル、ボンネットやフロントフェンダーなど「殆どの部分」がカスタムされ、なんともイカツいルックスへと変身していますね。

イカツイのにセレブっぽい仕上がりに

ルーフは新しく作り直され、車高は2インチリフトアップ。
ホイールは16インチサイズの「Defend 68」、カラーはサテンブラック。
タイヤは285/75、とのこと

defender (2)

リアベッド(荷台)にはロールバーが取り付けられてさらにヘビーデューティーな仕上がりに、そしてサイドにもロールバー同様のパイプを使用したステップが取り付けられます。

defender (8)

こうやって見ると「ヴォルカニック・ロック・サテン」の質感がよくわかりますね。
傷が目立たなそうではあるものの、汚れやすく洗いにくそうで、メンテナンスにはそうとうな手間を要するのかもしれません。

defender (7)

なお、このランドローバー・ディフェンダーは2015年モデルの中古車をベースにしたもので、走行距離は13,679キロ。
エンジンは2.2リッターディーゼル、トランスミッションはMTだと紹介されています。

defender (4)

現在この車両は「販売中」で、その価格は約970万円。
新車のランドローバー・ディフェンダーが(英国で)850万円程度であることを考えるとかなり高価ではありますが、この「二台とない」無骨なルックスは魅力的ですね。

defender (3)

なおインテリアも外装同様にフルカスタム。
ステアリングホイールは「オリジナル」の3本スポークで、ブラシ仕上げのアルミを持つセンター部やスポークがなんともナイス。
メーターフードもダイヤモンドステッチが施されたレザーに張り替えられています。

defender (6)

シートはおそらく「レカロ」で、しかしセンターコンソールやドアインナーパネルともども「総張替え」。
無骨なエクステリアに対し、なんともエレガントなインテリアですね。

defender (5)

ランドローバー・ディフェンダーは現在人気急上昇中

ディフェンダーは「モデル末期」で、そろそろ新型ディフェンダーが公開される予定ですが、ここへきて人気が上昇しているモデル。
新型Gクラスが登場する前の現象にもよく似ていますが、あまりの人気に「盗難が多発」しているとも報じられます。

「パンテーラ」を復活させたアレス・デザインが今度はランドローバー・ディフェンダーをカスタム。「究極の豪華さと走破性」

そして「セレブ仕様にカスタム」されるのもメルセデス・ベンツGクラス同様で、カーン・デザインやスターテックなど多くのラグジュアリー系チューナーもディフェンダーをカスタム。

ランドローバー・ディフェンダー最新カスタム事情。ワイドボディに外骨格で固めた「プロジェクト・エボリューション」登場

こういった傾向を鑑みるに、現行ディフェンダーはモデルチェンジ後も高い人気を誇ることになりそうですね。

スターテックが外装ワイルド、内装ゴージャスなランドローバー・ディフェンダーを披露

VIA:Chelsea Truck Company

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5