>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

恥ずかしくて乗れない!モデリスタとTRDがオートサロンにド派手なプリウスやUXのカスタムカーを投入

投稿日:2018/12/28 更新日:

TRDは今や過去の栄光を失い、カスタマイズパーツブランドに

トヨタのカスタマイズパーツブランド、「モデリスタ」と「TRD」とが東京オートサロン2019の出展概要を公開。※「MODELLISTA x TRD 東京オートサロン特設サイト」はこちら

なお、TRDはもともと「トヨタ・レーシング・デペロップメント」の名の通り、トヨタのレーシングカーを製作する部門であったものの、今やその役割は(日本では)Gazoo Racingに取って代わられ、モデリスタと併合されて「単なるパーツブランド(泣)」に成り下がっています。

プリウスの展示はこの2台

モデリスタから展示されるプリウスは「アイコニックスタイル」。※モデリスタの製品ページはこちら
モデリスタによると「 とにかくスゴイぞ!フロントのLED!今までに無い立体的な光り方で、大胆にキメる。 」とのことで、光りモノが大きな特徴。

prius

光りモノその1、ノップトップアンテナ。

exterior_06l

光りモノその2、LEDミラーカバー。

exterior_07l

そしてアグレッシブすぎるフロントスポイラーに・・・

iconic_01l

これまた過激なサイドスカート。

iconic_02l

そしてTRDから展示されるプリウスは「アグレッシブスタイル」で、こちらはTRDによると「 もはやプリウスではない。ブラック加飾とLEDがアグレッシブに演出。 」。※TRDによる「プリウス・アグレッシブスタイル」の製品ページはこちら

image-aggressive3

たしかにその外観はアグレッシブで、「ハイレスポンスマフラー」とリアディフューザーとの組み合わせは「もはやプリウスではない」。

aero_rbumper_spoiler-agr1

フロントはバシっとLED。

image-aggressive2

そしてルーフガーニッシュもラインナップ。
いわゆるボルテックスジェネレーターですね。

roofgarnish

そしてルーフサイドガーニッシュなる製品も。
どれだけボルテックスをジェネレートするんでしょうね。

roof-sidegarnish

そのほか、モデリスタ×TRDは東京オートサロンにこんな展示も

あまりにアグレッシブなプリウスのほか、モデリスタからは「UX MODELLISTA Concept the EMOTION」の出展がアナウンスされ、これの詳細は不明ではあるものの、” 「ドレスアップ」「先進安全」「コミュニケーション」の各方面から手を加え、クルマと共に進化する「カスタマイズの可能性」を提案したコンセプトカー ”とのこと。

ux
▲ティーザー画像は一枚のイラストのみ

なお、こちらはモデリスタによる「通常カスタム」版のレクサスUX。

img_simulation_fsportparts_001

そしてTRDからはハイラックス(HILUX)のカスタムパーツが登場。
その詳細は明かされていないものの、これはトヨタが11月に追加した「ハイラックスZ”ブラックラリーエディション”」をさらにアメリカのTRDがカスタムした車両のようですね。

0d032a79-toyota-hilux-black-rally-10

ちなみにアメリカのTRDは日本のTRDとは別組織となっており、実際にモータースポーツ活動を行う「本気」組。
よってこのハイラックスも「ドレスアップ」より本気というイメージが伝わってくるのかもしれません。

bdffe35d-toyota-hilux-black-rally-14

その他会場においてはモデリスタ開発者によるトークショー、プリウスのカスタムモデル人気投票が開催されるとのことで、今回のオートサロンにおける「モデリスタ×TRD」は一種”プリウス祭り”といった様相を呈することになりそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5