>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型トヨタGRスープラにはMT追加の可能性も。「無視できないほどの要望があればMT搭載も考えねばならない」

投稿日:2019/01/17 更新日:

過去にはMTを実際にテスト済み、その上でATのみとした経緯も

GRスープラが発表されてから数日が経ちましたが、市場の反応は概ね良好。
おそらくは最大の市場となる北米からもとくにネガティブな意見は出ていないようで、そのほとんどは好意的、いや熱狂的とも言えるものばかり。

新型GRスープラはBMW Z4との共同開発ではありますが、目に入る部分でZ4との共通点は(ドアミラーを除くと)見当たらず、トヨタのデザイナーは本当にいい仕事をした、と考えています。

なお、新型GRスープラは非常に複雑な面構成を持っていて、それはおそらく写真ではなかなか伝わりにくいとも思われ、実車を目にするまではなんとも判断できない、というのが正直な印象。

やはりエンスージアストはマニュアル・トランスミッションを所望

それはともかくとして、数少ない、新型GRスープラに対する「非難」が”マニュアル・トランスミッションがない”ということ。

アメリカ人はスポーツカーに対してはマニュアル・トランスミッションを好む傾向にあり、この設定がなければ受け入れることができない、という人たちもいるほどです。

これに対し、新型GRスープラの開発主任であるトヨタの多田氏は「多大なる要望があればマニュアル・トランスミッションの採用を検討する」とコメントしています。

それでも多田氏は「現状のZF製8速ATには非常に満足している」と述べ、「この8速ATは、これまでのどのオートマティック・トランスミッションとも根本的に異なる」とも。

なお、このトランスミッション(8HP51)はBMW Z4にも積まれていますが、BMWはもやはり「最高」という評価を与えていて、というのもこの8速ATは従来の6ATよりもコンパクトな上に20キロも軽く、DCT(デュアルクラッチ)にはできない「段飛び変速」も可能なために非常に有用、とのこと。※よってBMW Z4 M40iもATのみの設定

なお、トヨタは新型スープラの開発段階においてすでにマニュアル・トランスミッションをテストしており、その上で「ATのみ」に絞ったという経緯も。
加えてトヨタは「MTが投入されるにしても右ハンドル市場のみ」とも付け加えていて、幸いなことに日本はここに含まれることになりそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5