>ベントレー(Bentley)

カーン・デザインがベントレー・ベンテイガV8をヴィジュアルアップデート。マットブラックのイカツいルックスに

投稿日:

ホイールサイズは23インチ、ルーフスポイラーは「ダブル」

セレブリティたちを魅了するチューナー、カーン・デザインがベントレー・ベンテイガの新しいカスタムを公開。

カーン・デザインはエンジンや足回りなどのチューンもお手の物ですが、今回はベンテイガでもベーシックな「V8」モデルをベースとしており、コストパフォーマンスを重視してか「外観のみ」のカスタムにとどめています。

マフラーエンドやモールも「ブラック」に

まずボディカラーは「サテンブラック」へと変更され(ラッピングなのかペイントなのかは不明。ただしエアロパーツも同じ色味を持つことを鑑みるに、ボディとエアロパーツとは一緒にペイントしたのかも)、オリジナルデザインのフロントグリル、フロントスポイラー、テールゲートスポイラー、リアディフューザー、そしてルーフには「ダブル」スポイラーが装着されています。※グロスブラックも選べる、とのこと

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そのほかだとホイールも23インチへと交換されて車高も落とされ、テールパイプもブラックへ、そしてノーマルだと「クローム」のモールもブラックへと変更。

とにかく全身ブラックなのが特徴ではあるものの、ヘッドライトやウインカー、テールランプやリフレクターはスモーク加工せずに「そのままの明るいカラー」。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そしてインテリアについても外観同様にオリジナル要素たっぷりで、厚みをもたせたレザーシートが高級感を演出。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

これは「ヘリンボーン3Dモジュラーレザー」と表記されていますが、同様の素材にてステアリングホイールやドアパネルが加工されるようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

カーン・デザインのカスタムにはこんなものも

カーン・デザインはイギリス拠点のチューナーですが、さすがにイギリスだけあってベントレー、アストンマーティン、レンジローバーのカスタムが得意。

アストンマーティンだと、ボディパネルすべてを作り変えたDB9のコンプリートカー「ヴェンジェンス」を発表したことも。

そしてランドローバー・ディフェンダーをなんと6輪にしてしまうというカスタムも披露していますね。

レンジローバースポーツのカスタムもお手の物。
カーン・デザインはオレンジをアクセントに使用することが多いようです。

そして最近は積極的にこれまで手がけてこなかった車種にも手を伸ばしており、最近だとランボルギーニ・ウルスのカスタムも発表。

さらにはスズキ・ジムニーのカスタムも予告。

そのほかには「チェルシー・トラックカンパニー」なる別部門を設立し、ランドローバー・ディフェンダーやジープ・ラングラーのハードなカスタムにも進出していますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ベントレー(Bentley)
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5