>ミニ(MINI)

クラシックミニをEVにコンバートする会社が現れた!ただしお値段1100万円、航続可能距離は201キロ

投稿日:

よほどのミニ好きでないと手は出せない

イギリスのエレクトリックパワートレーンメーカー「SWINDON(スウィンドン)」がクラシックミニをEVにコンバートし限定販売する、と発表。
文字通りミニの車体にバッテリーとモーターとをインストールするもので、その名称は「SWIND E classic mini」。

シティコミューターとしての計画となり最高速や加速を追求したものではありませんが、ボディは完全にレストアされるためにボディカラーは6色用意される中から自由にえらぶことができ、「コントラストカラールーフ」も選択可能。

どう考えてもこの価格設定では売れそうにない

ただ、このスウィンド E クラシック・ミニにはちょっと問題があって、その価格が「1100万円」であること。
この価格であればテスラ・モデルXやモデルSなど、もっと利便性が高く、自動車としてもEVとしても性能が高い製品を購入することができ、よって今回のSWIND E クラシックミニ」を購入する理由は「ミニだから」ということになりそうです。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、スペックは下記の通り。
おそらくは航続可能距離を延長するためだと思われますが、エアコンは「オプション」扱い。

ボディサイズ:全長3050ミリ、全幅1560ミリ
重量:720キロ
乗員:4名
前後重量配分:57:43
充電時間:4時間
航続可能距離:201キロ
最高速度:130km/h
0-100km/h加速:9.2秒
画像に含まれている可能性があるもの:車、木、屋外

なお、クラシックミニは日本だけではなく、本国である英国においても高い人気を誇りますが、EVではなくガソリンエンジン搭載の「レストモッド」版としてのミニ「ミニ・リマスタード」や、レストア済みのミニほホワイトボディが販売されるなど、様々な選択肢が提示されているようです。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

インテリアは至ってシンプルで、センターコンソールにはシフトレバーが一本生えているのみ(おそらく前進と後退とを切り替えるものと思われる)。

写真の説明はありません。

メーターはセンターに「ひとつ」だけ。

写真の説明はありません。

見た目は「まんま」クラシックミニですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ほかにもある、ミニの現代風解釈やレストアモデル

やはりミニの現代風解釈で有名なのは「ミニ・リマスタード」。
イギリスのデビッド・ブラウン・オートモーティブが台数限定でクラシックミニをレストモッドしたもの。

そしてこちらはクラシックミニのボディを「新規製造」するもの。
レプリカではなく、ちゃんとしたライセンス品です。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ミニ(MINI)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5