>マツダ(MAZDA)

35年間行方不明、「廃車になった」と考えられていたマツダRX-7ベースの「254i」唯一の生き残りが発見される。1982年にル・マンを一時8位で走った伝説のレーシングカー

投稿日:2019/03/14 更新日:

マシンの製作を行ったのはマツダスピードの前身となる組織

マツダが1982年のルマン24時間レースに走らせ、その後行方不明となっていたRX-7ベースのレーシングカー「254i(RX-7254としても知られる)」が35年ぶりに発見されることに。

これは13Bロータリーエンジンを搭載し296馬力を発生するレーシングカーで、生産されたのは2台のみ。

そのうちの1台はクラッシュにて廃車となってしまい、唯一生き残った一台が今回「発見された」車体だということになります。

なお、当時これらマシンの製作と参戦を行ったのは株式会社マツダスピード(1983年設立)の前身となるマツダオート東京のモータースポーツ部門で、そのうちの一台、82号車はル・マンを(254iで)14位で完走しています。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
▲ナンバーは「7」

マツダは発見された254iを徹底的にレストアすると公表

この「生き残った一台」についてはスクラップにされたと信じられており、今までその存在がずっと確認されていなかったとのこと。

画像に含まれている可能性があるもの:車

発見に至った経緯は不明ですが、今回はマツダスピードにて、当時このマシンの製作にかかわったエンジニアが「83号車」であることを確認。
つまりル・マンに出場したものの完走できなかったほうのマシンですが(それでも180周目までは8位で走っていた)、ル・マン出場の後に何度かカラーリングを変えながら様々なイベントに登場し、しかしそのあと「行方不明に」なっていた模様。

画像に含まれている可能性があるもの:電話
▲今では信じられないほど簡単なつくりのリアウイング

なお、ル・マンを完走した82号車は後のレース(富士スピードウェイ)にてクラッシュし、こちらは正式に「廃車」が確認されているそうです。

ベースは初代「サバンナ」RX-7つまりSA22C(FB3S)。
ルーフやリアウインドウにその面影を見ることができますね。

面白いのは「ノーズ」で、バンパー先端にはおそらくロータリーエンジンを模したと思われる「おにぎり」が見られます。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

マツダは自身によって今回発見されたRX-7 254をレストアし、今後ヒストリックカーイベントに登場させるとしていますが、ル・マンで優勝を飾った「787B」と並んで走る姿を見ることができるかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:車

マツダは最近まで「ル・マンで唯一優勝した経験のある日本車メーカー」だった

ちなみにマツダとル・マンは縁が深く、2018年のル・マンにてトヨタTS050ハイブリッドが優勝を果たすまでは唯一ル・マンでの優勝経験を持っていた日本の自動車メーカー。

そしてその「優勝」は1991年のマツダ787Bによってもたらされたもので、こちらは654ccのロータリーエンジンを4基ドッキングさせた2,616ccの「R26B」エンジンを搭載しています。

VIA:Japanese Nostalgic Car

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5