>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VW T-Roc R発進!ドライビングモードには「Race」が追加、0−100km/h加速はポルシェ718ケイマン以上。SUVの範疇を超えたハイパフォーマンスクロスオーバー

投稿日:2019/02/26 更新日:

まさに”車高の高いゴルフR”

フォルクスワーゲンが先日よりティーザーキャンペーンを展開していた「T-Roc R」が公開に。
車両そのものはジュネーブ・モーターショーにて展示される予定ですが、ひとまずはオンラインでの画像そしてスペックの発表となっています。

T-Roc Rのエンジンは2リッター4気筒ターボで出力は300馬力、トランスミッションは7速DSG、駆動方式は4WD(4Motion)。

その加速はポルシェ718ケイマン/ボクスター以上

これによって0−100キロ加速は4.9秒、最高速度はリミッターによって時速250キロに制限されていますが、これはかなりの俊足で、というのもポルシェ・マカンを通り越して718ケイマンの5.1秒よりも速い数字(参考までに、ゴルフRは310馬力、4.6秒)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

もちろん足回りも強化されて車高も低められ、プログレッシブステアリング、17インチサイズのブレーキも標準装備。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてドライブモードには新たに「Race」が追加され、このモードに入れるとスタビリティコントロールが「オフ」に。
なおローンチコントロールも装備され、「SUVでここまでやるか」という内容のオンパレードですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

もちろんそのスタイリングも標準モデルのT-Rocに比較して大きく変更され、専用デザインのフロントグリルにはポリッシュシルバーのフレームが追加。

画像に含まれている可能性があるもの:車

前後バンパーもアグレッシブなデザインへと変更され、ホイールも18インチサイズが標準装備、オプションだと19インチが選択可能(画像は19インチのダーク仕上げ)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、T-Roc Rについては「アルミ風加飾」が標準モデルとの差別化手法として用いられ、ミラーキャップやウインドウモールなどにこれらが使用。

写真の説明はありません。

そのほかホイールアーチに取り付けられるモールがややワイドになり、ルーフルポイラーも大型化(ルーフカラーにはブラックも選択可能)。

写真の説明はありません。

今回公開された画像だとエキゾーストシステムは「アクラポビッチ」が装着されているものの、さすがにこれはオプションだと思われます。
リアバンパーガーニッシュもグロスブラック仕上げですね。

写真の説明はありません。

フォルクスワーゲンT-Roc Rのインテリアはこうなっている

そしてT-Roc Rのインテリアも「R仕様」となり、ステアリングホイールはフラットボトムになり各所にグロスブラックのアクセント。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そのほかルーフライナーがブラックになり、ペダルはステンレス製に。
細かいところだとアンビエントライトが「ホワイト照明」となっているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なおシート素材は標準だとマイクロファイバー、オプションではナッパレザーが選択可能。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

なお、日本ではまだ標準モデルのT-Rocすら発表されていない状況ですが、これもまた発表が待ち遠しいクルマの一台です。


この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5