■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他イギリス車

これだからイギリス人ってヤツは。ジネッタが「エコなど知らん」的、600馬力V8エンジンを載せた軽量スパルタンなスーパーカーを発売

投稿日:

車名、価格の発表はジュネーブにて

イギリスのバックヤードビルダー(というには規模が大きくなってしまいましたが)、ジネッタ(Ginetta)が新型車を発表。※今のところ名称はジュネーブでの正式発表までヒミツらしい。ジネッタは昔から「G+数字」という車名が多い

これは600馬力を発生する6リッターV8エンジンを搭載し、しかし「軽量コンパクト」を追求したクルマで、その重量はなんと1150キロ。
トランスミッションは6速シーケンシャル、もちろん駆動輪は後輪のみ、そしてエレクトリックの「エ」の字もない、正真正銘のスパルタンなスポーツカーです。

画像に含まれている可能性があるもの:車

正直、これはもうレーシングカー

レイアウトは古典的なフロントエンジンで、ジネッタの得意とする手法ではありますが、そのデザインはこれまでのジネッタとは大きく異なって「カクカク」したもの。

それでもウインドトンネルでの計測だと時速161キロの時点でダウンフォースは376キロに達するそうで、これは同社の製作するLMP3クラスのレーシングカーと同じ数字だそう。

写真の説明はありません。

ジネッタはジュネーブ・モーターショーにてその名称とともに価格を発表し受注を開始するとのことですが、その価格は5000万円くらいになるんじゃないかという説も(すでに14台の予約が入っているとも報じられる)。

画像に含まれている可能性があるもの:車
▲フェンダーというよりは単なるカウルのようにしか見えない

その価格はランボルギーニ・アヴェンタドールを超えるものですが、この理由としては「シャシー、ボディがフルカーボン」ということのほか、「ほぼハンドメイドで生産量が少ない」ということもありそう。

写真の説明はありません。
▲TVRも採用するサイドマフラー

それにしてもイギリス人は本当にこういった「ハイパワーで軽量」なクルマが大好きで、ロータスはもちろんですがTVR、ノーブル、アリエルもやはり同様の傾向を持つイギリスの自動車メーカーであり、もはやこれはイギリスにおけるひとつの傾向だと言っても良さそうですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そして今回の画像を見ると「手作り感満載」で、これもイギリスの自動車メーカーに見られる(とくにモーガン)もう一つの特徴なのかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:車

イギリスと言うと「ジャガー」「ロールスロイス」といった紳士的なクルマのイメージがあるものの、一方でこういったバックヤードビルダーが数多く(現代でも)存在するという一面も持っており、なかなかに面白い国もでありますね。

写真の説明はありません。
▲完全にレーシングカーなリアディフューザー

なお、ジネッタは自社でワンメイクレースを開催することでも知られますが、この新型スーパースポーツを使用したレースも開催されることになりそうです。

写真の説明はありません。

VIA: Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >その他イギリス車

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5