>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■近況について ■ニュース

新型BMW 3シリーズを見てきた!さすがはBMWの屋台骨を支えるモデルだけあって高いコストパフォーマンスが感じられる良質セダン

投稿日:2019/03/10 更新日:

この装備とデザインでこの価格というのはちょっと驚き

さて、日本でも発表となった新型BMW 3シリーズ(G20)を早速見にディーラーへ。
パっと見た印象は「そこまで大きくない」と「凝縮感がある」。

実際のところ新型3シリーズのボディサイズは320i M Sportだと全長4715ミリ、全幅1825ミリ、全高1430ミリ。
先代に比べると70ミリ長く、25ミリ広くなっているので「けっこうサイズアップ」しているはずですが、そこはデザインの妙というか間延びさせない造形にて塊感のあるルックスを演出しているようですね。

なお、新型BMW 3シリーズの特徴は下記のように発表されています。

・ボンネットには新しいキャラクターライン
・キドニーグリルは大型化、フレームは左右連結
・新デザインのLEDツインヘッドライト
・ツインパイプエキゾーストシステム
・Tシェイプエアインテーク
・スポーティーなプロポーション(全長と全幅が拡大し、しかし高さはそんなに増えてない)
・新しいデザインのリアウインドウ
・スリム、そして3D形状を採用した新型LEDテールランプ
・ウエルカムLEDライトカーペット(オプション)

新型BMW 3シリーズのサイズはアップ、重量はダウン

なお、新型3シリーズは上述の通りサイズは大きくなっていながらも重量は先代(F30)に比べて55キロ軽量化されているといい、これは5シリーズと共通のプラットフォーム「CLAR」採用によるところが大きそう。

ホイールベースも45ミリ拡大しているので居住性も向上し、フロントトレッドは43ミリ、リアでは21ミリ広くなっているために「4つのタイヤで踏ん張っている」感も抜群。

先代3シリーズとのデザイン的相違点はいくつかあるものの、ぼく的に一番大きいと感じたのはサイドのプレスライン。
先代ではフロントフェンダーからドア、リアフェンダーにかけて「つまんだ」ように尖ったプレスラインが通っていたものの、新型3シリーズではそれが影を潜め、かなりなだらかなものへ。

この「つまんだように盛り上がる」というのはクリス・バングルが得意としていたものですが、新世代のBMWではついに「クリス・バングルの遺産が姿を消す」ことになったとも言えそう。

なお、リアウインドウの後端デザインが新しくなり、これは新型3シリーズにおける一つのトピックでもあります。

そして段差が設けられた新デザインのヘッドライトも新型3シリーズならではの特徴。

左右連結グリルも新型3シリーズで取り入れられたデザイン(すでに他BMWモデルには採用され始めている)。

こちらも少し前のBMWから採用され始めたデザインですが、おそらくはエアの剥離を考慮したと思われる「疑似ロングテール」。
リアバンパーサイドを内側に「丸める」よりはこのほうがエアロダイナミクス上効率化が図れるようで、レクサスでも順次採用される形状ですね。

そしてテールランプは「3D」。
上半分は「スモーク化」され、これはけっこう高級感が感じられる部分。

なお、これも他のBMW最新モデル同様、テールランプが横長になり、リフレクターが上に移動され、リアフェイシアも上の方に持ち上げられることで「ヒップアップ」そして「ワイドさ」を視覚効果として演出することに(新型X2あたりからこの傾向が顕著)。

テールパイプも「切りっぱなし」からホーン型のインナー構造を持つ質感の高いものへ。

ホイールはグロスブラックに切削加工。
切削した部分はホイールのセンターからリム外周にまで伸び、実際のサイズ以上にホイールを大きく見せています。
これもまたデザインの妙と言える部分であり、「切削加工ありき」でこのホイールがデザインされたであろうことがわかりますね。

新型BMW 3シリーズのインテリアはこうなっている

新型3シリーズではインテリアも大きく変更され、こちらも「最新」デザイン、そして機能を持つものへ。
この320i M Sportではレザーシートやレザー張りのセンターパッドを持つステアリングホイールが与えられ、その印象は「かなり高級」というもの。

センターコンソールの変化がけっこう大きく、物理スイッチが大きく減っていますね。

メーターはフル液晶に(メーターのレイアウト自体は変更できない。変更できるのはセンター部に表示される情報のみ)。

こちらがセンターにあるインフォテイメントディスプレイ。
メーターパネルと平行にある場所へ設置され、大きな視線の移動無く情報を確認できます。

ドアインナーハンドルは850iなど上位モデルと同じもの。

シートの調整スイッチも850iと同じですね。

日本に導入されるグレードは「BMW 320i(184馬力/5,230,000円)」「BMW 320i M Sport(184馬力/5,830,000円)」、「BMW 330i M Sport(258馬力/6,320,000円)」の3つですが、この価格でこの仕様そして装備を持つなら「かなりお買い得なんじゃないか」と思います。

その他の画像はFacebookのアルバム「新型BMW 3シリーズ」に保存中

こちらはショールームにて撮影してきた動画。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5