>アウディ(Audi)

アウディ専門チューナー、ABTがRS5を+60に仕上げた「RS5-R」を発売。限定50台の過激チューンドカーがこちら

投稿日:2019/03/24 更新日:

外装パーツの多くはカーボン製へ。エアロフリックも追加

アウディのチューンで知られるABTより、アウディRS5のコンプリートカー「RS5-Rスポーツバック」が発売に。
これは世界50台限定にて発売されるもので、2.9リッターツインターボエンジンは450馬力から510馬力へと出力が増強。

これはABTの開発によるECU、ラジエターへのウォーターインジェクション、カスタムエキゾーストシステム、インテークのアップグレード等によって達成されたもの。

ホイールは21インチ、テールパイプはカーボン製

エクステリアだとフロントスポイラー、フロントグリル、ドアミラーカバー、ホイールアーチベント等がカーボンファイバー製に置き換えられ、同じくカーボン製のエアロフリックも追加されています。

もちろんサスペンションはローダウンされてスタビライザーも強化済み。
ホイールは「ABT GR SPORT」、21インチサイズとのこと。

リアディフューザーもカーボン製、そしてテールパイプは102パイの4本出しとなり、テールエンドにはカーボン製のスリーブ付き。

アウディのフォーリングス、「RS 5」などバッジ類はブラックに。

ボディカラーはおそらくアウディ純正、そしてRSモデル専用色(限定にてほかモデルに与えられることもある)ナルド・グレー。※SEMAに展示されていたものはマット仕上げのナルドグレーだった

ブラックやカーボンとの相性が非常に良い色ですね。

グリルフレームはカーボン製に、そしてフロントスポイラーの「quattro」文字は「RS5-R」文字へと置き換え。

インテリアもその多くがカーボンパーツへと置き換えられ、センターコンソールやシフトノブがカーボン製に。

その他シートサイドのカバーもカーボン製に。
外装同様、内装のあちこちにも「RS5-R」ロゴ、限定モデルであることをあらわす「RS5-R 1 of 50」バッジが装着される、とのこと。

なお、ABTはアウディと非常に関係性の強いチューナーで(フォーミュラEでも協力関係にある)、ドイツ本国だと本家アウディから「ABTチューン」の限定モデルが発売されるほど。
その「RS6アバント・ノガロエディション」は出力がなんと605馬力から一気に705馬力にまでジャンプアップした、「アウディ最強」モデルとなっています。※ABTはさらにこれをチューンしたモデルも発売している

そして「フォーミュラEつながり」なのか、RS6をハイブリッド化したカスタムカーも。
こちらはワンオフでの制作となり、出力なんと1000馬力。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5