■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

新型アクセラに「マツダスピード」設定のウワサ。実現すれば2.5Lターボ+4WD+MTに?

投稿日:

もしそうなると数少ない「マニュアル・トランスミッション搭載のホットハッチ」に

マツダは欧米にて新型アクセラ(現地ではマツダ3)を発表したばかりですが、そのマツダスピード版が登場するのでは、というウワサ。

これは英国Autocarが報じたもので、もしこれが実現するならば、(CX-5に積まれる)2.5リッターターボになるだろうとも述べています。

このエンジンはデフォルトで250馬力を発生し、これが搭載されるとなると、新型アクセラに搭載される122馬力、181馬力エンジンに比較して大幅なパワーアップを果たすことに。

アウディ「S」、BMW 「M+数字2/3桁モデル」に対抗できる?

現時点ではこの「新型マツダスピードアクセラ」発売可否はわからないものの、もし発売されればFFそして4WDがラインアップされる可能性が高く(新型アクセラには4WDモデルがある)、かつ6速マニュアル・トランスミッション(これも新型アクセラに用意されている)があれば一部の人が狂喜乱舞しそう。※ターボ+4WD+MTの組み合わせはかなり訴求力がある

ただ、マツダは昨年末に「新型アクセラにはない」と明言しており、その理由は「ホットハッチという、ニッチ市場に割けるリソースはない」ため。

そしてマツダがもともと「200馬力くらいまでの」出力を想定して車体を設計しているのであれば「250馬力の」エンジンを搭載するのは難しく、もし搭載したとしても相当な補強が必要になり、完成したクルマは相当に高い値付けになるのかも。

なお、マツダが新型アクセラについて、積載性や経済性を全面に出した「安価なコンパクトカー戦争」に巻き込まれないよう「プレミアム路線」を歩むとしており、たしかに新型アクセラは荷室を犠牲にしてまで「スマートに」デザインした感があって、マツダがプレミアム路線を歩むというのは間違いなさそうですね。

ちなみに各自動車メーカーにとっての儲けネタは「プレミアムモデル」「スポーツモデル」であり、メルセデス・ベンツであれば「AMG」、BMWだと「M」といったことになりますが、マツダが利益を拡大したいのであれば「マツダスピード」拡充も一つの手なのかもしれません。

ただ、モータースポーツにて実績がなければ、いかに高性能なモデルを発売したとしても北米のユーザーは見向きもしないので、参戦を予定しているというル・マンにて勝利をあげ、そこからそのイメージを引っ張ってきたスポーツモデルを発売するというのもいい手なのでは、と考えたりします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >マツダ(MAZDA)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5