>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

まさか実車が存在したとは!先日意匠登録を行ったトヨタの「ミドシップスポーツ」が”ラ・クーペ”として姿をあらわす

投稿日:

どうやらハイブリッドパワートレインを採用するエコなスポーツカーのようだ

先日トヨタが日本にて意匠登録を行った「謎のミドシップスポーツ」。
そのミドシップスポーツですが、その実車が「ラ・クーペ(La Coupe」)」として直島そして銀座ソニーパークへと展示されていたことが判明。

正直なところトヨタがこれをどういった意図で製造し、かつ展示や意匠登録を行ったのかはまったくの謎です。

現時点ではトヨタはこのクルマについて何も触れていない

現時点でトヨタからこのクルマについての公式アナウンスはなく、しかし実車が存在し意匠登録がなされているということは「発売される可能性がある」とも考えられそう。

そしてこのクルマに用いられているトヨタのエンブレムは「ブルー」であり、これはハイブリッドに使用されるカラーであることを鑑みるに、この「ラ・クーペ」は「ハイブリッドスポーツ」。※フロントグリルのサイズを見ても、エンジンの排気量や出力は高くない

なお、そのシルエットからしてミドシップであるのは間違いなく、そしてエンジンをリアに積むとなるとその駆動輪は後輪で、ハイブリッドユニットが「後輪をアシスト」するのか、はたまた「前輪を駆動するのか」これも謎。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、ぼくはトヨタが「ミドシップスポーツ」という、本気度の高いスポーツカーに対し、なぜこんな丸っこい「優しい」デザインを用いるのか不思議ではあったものの、「ハイブリッド」つまりエコフレンドリーなクルマということであれば納得できるもの。

トヨタのハイブリッドは「スポーツ走行」向きではない

トヨタはハイブリッドに非常に強い会社ではありますが、そのハイブリッドの性格は「燃費重視型」。
つまり運動性能を向上させるためのものではないということになり、ここはポルシェやメルセデスAMGとは異なる部分。

たとえばポルシェだと「パナメーラ最強」モデルである”パナメーラ・ターボS Eハイブリッド”は文字通りハイブリッドで、しかしレクサスのハードコアモデル「F」はガソリンエンジンを採用している、という差異もあるわけですね。

よって、トヨタが今回ラ・クーペに搭載するハイブリッドシステムもまた「運動性能を向上させる」という意味合いではないと思われ、これは2021年施行のユーロ7を見越したものかもしれず、ライバルたちがそれに対応できずに苦慮する中、一気にスポーツカー市場を掌握したい意向なのかもしれません(発売されれば、の話ですが)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5