>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

アルピナが「世界最速のワゴン」、B5ビターボ・ツーリング発表。いつかは欲しい「アルピナ」とは?

更新日:

| アルピナはチューナーではなく「メーカー」で、簡単に言うとBMWより品質が高い上質なクルマ |

最近は「ナントカで世界最速」というものが多く、たとえば「SUV世界最速」といったものですね。
そしてアルファロメオはジュリア・クアドリフォリオを「4ドアサルーン世界最速」とし、メルセデス・ベンツはAMGを「4ドアクーペ世界最速」とするなど「言ったもん勝ち」の様相を呈しています。

そして今回アルピナが提唱するのが「ステーションワゴン世界最速」。

アルピナは中古になると非常にお買い得

これは「アルピナB5ビターボ・ツーリング」を指してのことで、ベースとなるのはBMW 5シリーズ・ツーリング。
4.4リッターV8ツインターボエンジンは608馬力を発生し、これに組み合わせられるのは8速ATとなり、駆動方式は4WD(駆動力の90%は後輪に振り分けられる)。

0-100キロ加速は3.5秒(BMW M5は3.4秒)、そして最高速度は322km/hをマーク(ただし通常は紳士協定によって250km/hに制限される)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、アルピナは「チューナー」というイメージもありますが、BMWから車体やパーツの供給を受け、それに独自のチューニングを施して、もしくは独自のパーツを使用して(とくにトランスミッション)組み立てを行うひとつの「自動車メーカー」。
いわばポルシェとルーフとの関係に近いとも言えますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお最近の表記は「BMWアルピナ」となっており、以前は「アルピナ」だったような気もするのですが、そのあたりは記憶が曖昧。
そして「BMW」と名がつくだけあり、一部のBMWディーラーでも購入が可能です。

そして日本では「ニコル・オートモビルズ」が総代理店となっており、日本での展開は「BMW アルピナ D3 ビターボ(999万円〜)」「BMW アルピナ D4 ビターボ(1108万円〜)」「BMW アルピナ B3S ビターボ(1099万円〜)」「BMW アルピナ B4S ビターボ(1158万円〜)」「BMW アルピナ XD3(1234万円〜)」「BMW アルピナ D5S(1153万円〜)」「BMW アルピナ B5 ビターボ(1886万円〜)」「BMW アルピナ B7 ビターボ(2395万円〜)」という構成。※アルピナのサイトはこちら

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

この価格を見ると「BMWより相当高い」ということがわかりますが、アルピナは上質な乗り味とパフォーマンスとを両立させるため、BMWよりも品質の高いパーツを使用しており、よってそのドライブフィールは「格別」(実際に乗ると驚く)。

ただし、新車では非常に高価なアルピナは(BMW同様)中古になると比較的値が落ちる傾向にあり、現行モデルやニューモデルであればまだまだ価格は高いものの、「一つ型落ち」になると非常にお買い得となっており、ときどき「買うか・・・」と考えることも。

写真の説明はありません。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5