>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ランボルギーニ・ウラカン関連

フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンほか「もしも」なレンダリング。あのクルマがこうだったら

更新日:

| ウイングレスだったり、ウイングが取り付けられたり |

さて、続々登場する「もしも」系レンダリング。
今回はフェラーリ、ポルシェ、マクラーレン、ランボルギーニなど、スポーツカーを中心に取り上げてみたいと思います。

まず、上の画像は「F8トリブート」のXXモデル。
フェラーリの「XX」プログラムは、サーキット走行専用モデルを使用し、そこで得たデータを市販車の性能向上に活かすもの。
実際にこれまでの市販車においても、XXプログラムからのフィードバックが生きていますね。

その他にもこんなレンダリングが公開されている

そしてこちらは現在の「XX」プログラムで使用されるFXX K Evo、しかし「リアウイングなし」。

a5

そしてニューモデルが発表されると必ず登場する「ベースグレード」。
ここでいうベースグレードとは、無塗装の樹脂製前後バンパー/サイドステップや、スチール製のホイールを装着した「商用車グレード」や「レースのベース用車両として、改造前提の」グレードを指しています。

z5

こちらはF8トリブート・「スパイダー」、しかも渋いグリーンにゴールドのストライプ/ホイールという仕様。
インテリアはブラウンですね。
いつかはこういったカラーコンビネーションを持つクルマに乗ってみたい、と思わせる素晴らしい一台です。

z1

992世代のポルシェ911スピードスター。
ドアミラーもちゃんと「タルボット」形状へと変更されています。

a6

いつか本当にこういった時代が来るのかどうかはわかりませんが、「空とぶクルマ」。
飛行用ユニットを簡単に取り付けできるのであれば、レンダリングのように「古い車にそれを装着する」のアリかもしれません(重力をコントロールできるようにならないと無理っぽいですが)。

z7

BMW 8シリーズとBMW i8との合わせ技。
BMWは「M8の性能がすでにスーパーカーに比肩しうるため」今後スーパーカーを作ることはない、と発言していますね。

z4

現代風になったようなホンダNSX。
新型NSX同様のポップアップ式ドアハンドルを持ち、リアディフューザーが今風に、そしてテールランプもLEDに。

z8

マクラーレン720Sがアグレッシブに。
フロントフェンダーにはスリットが入り、サイドやリアアンダーのエアロパーツがより大きく。
リアウイングも装着され、ルーフにも付加物があるようです。

a1

リアウイング「なし」のセナ。

a8

オープン(タルガ)トップ、そしてボディカラーのラ・ヴォワチュール・ノワール(”ルージュ”というべきか?)。

bugatti-lavoiture-noir

アウディRS5とR8とが合体したようなクルマ。

a3

メルセデスAMG GT、SLS AMG、そしてメルセデス・ベンツSLRマクラーレン・スターリング・モスとをかけ合わせたようなクルマ。
メルセデス・ベンツの持つ「ロングノーズ・ショートデッキ」は、今だと他のメーカーが持ちえない特徴と化しているので、(メルセデスAMGには)これをとことん極めて欲しい、とも思います。

z3

ランボルギーニ・ウラカンEVOにアヴェンタドールSVJ風のウイングやディフューザー、エアロパーツを装着。
リアフェンダーには「SV」の文字が見られます。

z6

VIA:carnewsnetwork

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5