>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタGRスープラ GT4発表!エキゾーストシステムはアクラポヴィッチ、天然素材由来のスポイラーを装着。カスタムの参考になりそうな例も

投稿日:

| いよいよスープラの本領が発揮される |

Gazoo Racingより、レースに参戦する”カスタマー向け”のGRスープラGT4レーシングカーが発表に。
すでにトヨタ自身はこの「スープラGT4」にてニュルブルクリンク24時間レースに参戦し、SP8Tクラスを3位にてフィニッシュ(ドライバーはモリゾウこと豊田章男トヨタ自動車社長)。※Gazoo Racingによるニュルブルクリンク24時間のコンテンツはこちら

なお、コンセプトカーとしての「GR Supra GT4」は3月のジュネーブ・モーターショーにて発表されていましたが、今回は晴れての「市販モデル」お披露目となり、2020年からレースに参戦するチーム向に対し、実際に販売されるということになります。

開発と製造はトヨタのモータースポーツ部門が担当

このGR Supra GT4については、トヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)が開発を行い、製造を担当する、とのこと。

なお、新型スープラはBMWとの共同開発で知られますが、このレーシングカーにおいては、トヨタ独自のノウハウが活かされる、ということになりそうですね。

1b1710fd-toyota-gr-supra-gt4-race-car-8

GT4クラスは、改造の制限範囲が狭く、つまり「コストが比較的低く済む」カテゴリー。
ポルシェ718ケイマンGT4クラブスポーツ、アルピーヌA110 GT4、マクラーレン570GT4、アウディR8 LMS GT4など魅力的なマシンが揃い、日本だとスーパー耐久シリーズ(ST-Zクラス)、ヨーロッパのGT4シリーズ、北米でのミシュランパイロットチャレンジシリーズ等に参加が可能。

334bd70e-toyota-gr-supra-gt4-race-car-1

今回のGR Supra GT4について、開発パートナーはRevenol(ラベノール)、ピレリ、アクラポヴィッチ。

f457ae74-toyota-gr-supra-gt4-race-car-7

つまりはアクラポヴィッチから、レースのノウハウを活かした「市販車向けの」エキゾーストシステムが発売される可能性もありそうですね。

6c2a0935-toyota-gr-supra-gt4-race-car-10

公開された画像を見ると、フロントスポイラーが装着され、フロントフードはクイックリリース仕様。
フロントバンパー内のグリルにはまだ「フタ」が残っているので、まだまだGR Supra GT4には上位カテゴリに対応できるポテンシャルがあると考えて良さそう(現時点ではクーリングのためにフタを外さなくてもいい)。

7d51a22f-toyota-gr-supra-gt4-race-car-9

もちろんタイヤ/ホイールは専用品となるものの、サイドステップは標準スープラのまま。
サイドウインドウの「枠」は新たに作り直されているようですね。

8c244419-toyota-gr-supra-gt4-race-car-13

リアウイング翼端はカーボン製。

87c8e8e1-toyota-gr-supra-gt4-race-car-2

リアフードももちろんクイックリリースへと変更されていますが、リアバンパー、リアディフューザーも「ノーマルのまま」のようですね。

a6a53bd5-toyota-gr-supra-gt4-race-car-11

ボンネット状のダクトは交換されているように見え、つまり「(標準だと抜けない構造となっている)エアが抜ける」構造に。
市販モデルのスープラについて、エアが抜けないダミーのダクトをいくつか装備していますが、これらについては「レース参戦を前提としたものだ」と説明されています。

つまり、市販車だと「そこまでの必要はなく」塞いでいるものの、レースに参戦する際にはパネルを外して「エアを通す」ように簡単に変更できるということですね。

なお、わざわざこういった仕様を持つのは、GT4のようなカテゴリだと「ボディの加工が許されていない」場合があり、そのようなときに「加工無しで」レース仕様へと変更できるようにするためだそう。

 GR Supra GT4のインテリアはこうなっている

そしてこちらがGRスープラGT4のインテリア。
当然ながら内装パネルのほとんどは取り払われ、カーボンファイバーにてメーター類やスイッチ類のカバーが新設されることに。

10c542fa-toyota-gr-supra-gt4-race-car-4

ペダル類も総入れ替え。
画像を見るとペダルの位置が上げられているように見えますが、これは逆に「シートをギリギリまで下げたことによって操作性を確保するためだと思われます(F1マシンのように、V字腹筋態勢での乗車になりそう)。

42052245-toyota-gr-supra-gt4-race-car-5

ステアリングホイールはかなり小さく、フォーミュラカーに近い形状ですね。

ba3f9c69-toyota-gr-supra-gt4-race-car-6

現時点でGR Supra GT4の価格についてはアナウンスされておらず、「年内」に追って発表される、とのこと。

発表されている主要諸元は下記のとおりですが、フロントスポイラーなどは「天然繊維コンポジット」と記載があり、これはポルシェ718ケイマンクラブスポーツに採用されている、亜麻や麻など、植物由来の繊維を使用した「ナチュラル・ファイバー・コンポジット」と同一の素材かもしれませんね。

規定に従い、ほとんどの部分が「市販車同様」ですが、上述の「実際にエアが抜けるダクト」など、市販して欲しいパーツもずいぶんありそうです。

ボディサイズ全長4,460ミリ
全幅1,855ミリ
全高1,250ミリ
ボディ構造ロールケージ付スチールボディ
フロントスポイラー
リアウイング
天然繊維コンポジット
燃料タンククイックチャージャー付レース専用
ドライバーズシートFIA基準レーシングシート
エンジン直列6気筒ツインスクロールターボ
トランスミッションスポーツオートマチック後輪駆動
排気システムアクラポヴィッチ
フロントサスペンションマクファーソンストラット
リヤサスペンションマルチリンク
ステアリング電動パワーステアリング
ホイール11×18インチ

VIA:TOYOTA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5