>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型トヨタ・スープラを載せた輸送中のトレーラーが事故に巻き込まれる。貴重なスープラが何台か犠牲に

投稿日:

| こういった事故は往々にして起こりうるが、あまりにも悲しすぎる |

ハンガリーにて、新型トヨタ・スープラが輸送中の事故に巻き込まれるという事態が発生。
詳細は不明だそうですが、破損状況を見るに、積車に大型トラックが追突したようにも見受けられます(上下に積まれたスープラが両方ともダメージを受けているので)。

上段に積まれるスープラのダメージはまだ大きくはなく、しかし下段のスープラは大きく破損しており、おそらくこちらは修復が難しい状態。

新型スープラは現在オーストリアのマグナ・シュタイヤー工場にて生産を行っており、順次出荷されていると思われ、これらスープラもショールームへと向かう途中か、もしくはすでに購入者がいて、納車準備へと向かう途中だったのかもしれません。

新型スープラはまだ展示車すらも行き渡っていない

なお、新型スープラの納車はまだ世界的に進んでいないように思われ、現在路上を走っているのはメディア向けに用意されたプリプロダクションモデルもしくは生産初期ロットと思われます。

北米においては7月末から新型スープラのショールームイベントが開催されるとのことですが、日本においてはいつ頃に新型スープラの一般向け展示者や試乗車がやってくるのかは不明。

輸送中の事故は「稀」だが起こりうる

これまでにも、こういった「輸送中の事故」は何例か報告されており、中には高架下を通る際に高さの認識を誤り、上層に積んだクルマがまとめてダメージを受けたという例も。

そして最近は「列車で」クルマを輸送することも多く、これも稀な例ではありますが、その列車が「脱線」してしまうこともあるようですね。

なお、こちらはイタリアの「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ(フェラーリ創業者、エンツォ・フェラーリの生家の敷地を利用して建てた博物館)」の横を走るフィアット専用の貨物路線。

「なんか来た」と思ってからカメラを取り出して撮影したので、実際はこの動画よりも前からフィアットが延々と運ばれていることになりますが、こういった列車が脱線するとかなり大きなダメージとなりそうです(ポルシェもこういった「線路」を持っている)。

輸送する船が「沈没」「座礁」する例も

そのほか、陸上だけではなく「海上」輸送中の事故も聞くことがあり、VWグループの船やジャガー・ランドローバーのチャーター船、マツダ車を輸送する貨物船が座礁や沈没し、「載せているクルマが廃車に」なった例も。

少し前には、ブラジルへと向かうポルシェ911GT2を載せた船が沈没し、ポルシェはそのオーナーのために「すでに生産が終了していたにもかかわらずポルシェ911GT2を特別に1台だけ生産した、という事例が報じられていますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5