>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリが”812 GTS”発表!50年ぶりに登場するV12フロントエンジンのオープンモデル、デザインイメージはデイトナ

投稿日:2019/09/09 更新日:

| フェラーリV12オープンの歴史は1948年にスタート。1969年以降はスペシャルモデルが存在するのみ |

フェラーリが812スーパーファストのオープンモデル、「812GTS」を発表。
V12エンジンをフロントに搭載するフェラーリのオープンモデルは1948年の166MMに始まりますが、「限定モデルではなく、通常ラインアップとしてのV12フロントエンジン搭載オープン」が最後に発売されたのは1969年の365GTS(デイトナ・スパイダー)が最後であり、なんと現在に至るまで50年間、フロントV12エンジンのオープンモデルは(カタログモデルでは)発売されたなかった、ということに。※GTSの「S」はスパイダーの意

フェラーリはここ50年、スペシャルモデル以外で「V12のオープン」を作っていない

反面、V12エンジンをフロントに積んだオープンのスペシャルシリーズとしては550バルケッタ・ピニンファリーナ(2000年)、スーパーアメリカ(575Mベース、2005々)、SAアペルタ(599ベース、2010年)、F60アメリカ(F12ベルリネッタベース、2014年)が存在しますが、この50年間、いかに「V12オープン」が特別な存在であったかもわかります(そのため、今回の812GTSはかなりの人気を呼びそう)。

そして今回発表となった812GTSはスペシャルモデルではなく「カタログモデル」。
エンジンはベースとなる812スーパーファスト同様に800馬力を発生し、スーパーカー市場を見渡しても「最高の出力を誇る」部類でもありますね。

2020-ferrari-812-gts (3)

フェラーリのエンジンに対するこだわりは尋常ではない

このエンジンは最大トルクを3,500回転という低さで発生するために扱いやすいのが特徴で、7速デュアルクラッチとの組み合わせにて0-100キロ加速3秒以下、最高速度340km/hを可能にします。
なお、2017年には「ベストエンジン・オブ・ジ・イヤー」にも選出されています。

ちなみにこの記事はフェラーリのプレスリリースをもとに作成していますが、フェラーリのプレスリリースは「ほとんどの場合」エンジンに関する記載がトップにあり、かつそのボリュームが全体の2/3くらいを占めています。

2020-ferrari-812-gts

かつてフェラーリの創業者、エンツォ・フェラーリは「エアロダイナミクスなんどは、エンジンを作れないヤツがやっとけ」と言い放ったそうですが、とにかくフェラーリは昔からエンジンに対するこだわりが非常に強く、フェラーリと言えばエンジン、エンジンと言えばフェラーリ、ということなのでしょうね。

そしてトランスミッションについてはギアレシオがクロスされて加速が鋭くなっているほか、シフトチェンジのタイミングも最適化。
エキゾーストシステムも再調整され、オープン時にそのサウンドを心ゆくまで堪能できるよう調整がなされている、とのこと。

フェラーリ812GTSのデザインについて、ルーフより後ろは再デザインされることになっていて、フェラーリのデザインセンターは「スポーティーさとエレガンスとの完璧な調和を目指したといい、365GTB4(GTSではなく)の持つハイ・テールを意識した、と述べています。

2020-ferrari-812-gts (5)

なお、フェラーリは最近「SF90ストラダーレ」を発表しており、こちらはV8ミドシップ+ハイブリッド。
そして出力は1000CV(986馬力)となり、おそらくは加速でもサーキットのタイムでも「フェラーリ最強最速」。

つまりここにV12エンジンがフェラーリのパフォーマンス的フラッグシップという状況が完全に崩れ去ってしまい(V8エンジンがターボ化されたときからその兆候はありましたが)、V12フェラーリは別の方向性を模索する必要があり、そこでV8ミドシップにはない「エレガンス」という要素が加わったのではないか、と考えています。

2020-ferrari-812-gts (4)

なお、今回ルーフを閉じている画像は公開されていないものの、フェラーリによれば812GTSのルーフは「リトラクタブルハードトップ」で、にもかかわらずセグメント中では「大きめ」のトランクスペースを確保している、とのこと(リトラクタブルハードトップ採用は以外だった)。

このリトラクタブルハードトップは14秒で開閉ができ、時速45km/hまでで動作が可能。
加えてリアウインドウは電動開閉式となり、これはウインドストップ(ウインドデフレクター)として機能するようですね。

2020-ferrari-812-gts (1)

そして812GTS最大の特徴と言えるのが、シート後方にあるスピードカバー風の「バットレス」。
これが(モンツァSP2のように)なんとも言えないクラシカルなイメージを演出している、と思います。

そのほか、Cピラーにあったエアインテークがなくなり、リアバンパー、リアディフューザー形状も「専用」となるなど、全体的に大きく印象が(812スーパーファストと)変わったようにも見えますね。
参考までに下の画像が812スーパーファスト。

Ferrari-812_Superfast-2018-1280-20-20190726122646-800x576

ボディサイズは全長4,693ミリ、全幅1,971ミリ、全高1,276ミリ、重量は1,600キロ、そして前後重量配分は47:53(トランスアクスルのためか、V12エンジン搭載にもかかわらずリアのほうが重い)。

車両制御は基本的に812スーパーファストと同じ

812GTSに装備される車両制御技術は基本的に812スーパーファスト同様で、電動ステアリング(EPS)やビークルダイナミクス(SSC5.0)、後輪ステアリング(バーチャル・ショートホイールベース2.0=PCV)、フェラーリ・ピーク・パフォーマンス(=FPP/ステアリングホイールのトルク変化によってグリップの限界を教えてくれる)、フェラーリ・パワー・オーバーステア(=FPO)が装備されている、とのこと。

現在のところフェラーリ812GTSの価格や納車時期についてはアナウンスがありませんが、追って公式動画等とあわせて公開されるものと思われます。

2020-ferrari-812-gts (2)

VIA:Ferrari

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5