>ポルシェ(Porsche) ■ニュース

ポルシェ「993プロジェクト」登場!993世代の911をベースに935/RWBポルシェ風のエアロキットで武装

投稿日:2019/09/29 更新日:

| ポルシェが自ら「993オマージュ」を作ってはくれないだろうか |

レンダリングアーティスト、Matthew Parsons氏による「プロジェクト993」のレンダリング。
これは993世代のポルシェ911を現代風に「改造」したもので、あくまでも993をベースにボディパーツを付与した、という設定です。

そしてモチーフとなったのは「935(911GT2 RSをベースに製作された新しいほう)」、ガンサーワークス911やRWBポルシェといった特別なクルマたち。

なお、ガンサーワークス911は、今回のプロジェクト993同様、993世代の911をベースにボディパーツをごっそり入れ替え、かつ細部を最新の技術にてリニューアルしたコンプリートカーです。

あの「フルカーボン」「15センチワイド」「5800万」ポルシェ911のレストモッド”400R”別バージョンが公開

プロジェクト993はこんなクルマだ

そして今回のプロジェクト993に装着されるボディパーツはこんな感じ。
白い部分が「新しく追加される」パーツということになりますね(室内だとロールバーも装着済み)。

d0e7be86046575.5d8da09126eb3

リアサイドはこんな感じ。
ドアハンドルやルーフスポイラー、リアフェンダー、リアバンパー、リアウイングが装着されていることがわかります。

b8816e86046575.5d8da09220ca9

フロントだと930ターボのレーシングバージョンのようなフロントバンパー、リップが目に入ります。
フロントフェンダーはエア抜き用アウトレットが装着されています。
フェンダーは「リベット留め」で、これは993世代のGT2 RSを連想させるところですね。

abd06286046575.5d8da0922688e

この角度から見ると、新型935を意識したことがわかります。

b3b28186046575.5d8da0922206b

面白いのはリアウイング形状で、「左右分割」となり、左右ウイングを「シャフト」で繋いでいる模様。

1bb84e86046575.5d8da0921f968

テールパイプそしてリアディフューザー。
テールパイプもやはり935をイメージしたと思われるところです。

5417d586046575.5d8da09222fcb

この角度だとよく分かる「リアフェンダーの出っ張り」。

0a420086046575.5d8da092215f2

ヘッドライトのインナーもオリジナルデザインに。

ba9ea486046575.5d8da09224e73

リアサイドのアンダー部にはウイングレット付き。

b2556486046575.5d8da092206bc

シルバー、そしてブラックの個体。

f2677686046575.5d8da0921ec0b

ホイールも新デザインが採用され、ドアミラーもウインカーが内蔵された新形状に。

57714786046575.5d8da09226e8b

「イエロー」を見るとやはり993GT2RSを連想せずにはいられませんが、ぜひともポルシェ本体からも993GT2RSへのオマージュモデルを登場させて欲しいところ。

実際のところポルシェは新型911(992)で初代911や964、993風のデザインを取り入れてきているので、993発売(1993年)の30周年記念(2023年)あたりにでも何か出してはくれまいか、と考えたりします。

a628eb86046575.5d8da09175c32

VIA: Behance.net

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5