>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

アバルト黄金期をイメージした限定モデル「アバルト695 70°」発表!手動式のアグレッシブなリヤスポイラー装備のハードコアモデル

投稿日:

| ボディカラーは当時モンツァで記録を達成した車両が身にまとう「グリーン」 |

アバルトが新しい限定モデル、「アバルト695 70°」を公開。
これはアバルト70周年を記念したもので、カルロ・アバルトによって設立された1949年にちなみ1949台のみの限定販売となります。

発表は年度行事である「アバルト・デイ」の2019年度会場にて行われる、とのこと。

アバルトは上述のようにカルロ・アバルトによって設立されていますが、主にフィアットのクルマを改造してレースに参加していたこともあり、後にフィアットに吸収。
現在はFCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)の一ブランドとして機能しています。

45adbcd8-2020-abarth-695-70°-anniversario-special-edition-8

黄金期のアバルトをモチーフに

このアバルト695 70°の目玉は「スポイラー・アド・アセット・バリアブル」と呼ばれる手動式の調整可能なリアスポイラーで、これはFCAのウインドトンネルにてテストされ、効果が実証されたもの。
高速域での安定性とグリップを改善するとされ、アバルト695としては「初装備」。

e2604b59-2020-abarth-695-70°-anniversario-special-edition-1

このスポイラーは0から60度まで12段階に調整できると紹介されており、「最大」の60度にセットすると時速200キロにて42キロのダウンフォースを発生する、とのこと。

e0a5e6ef-2020-abarth-695-70°-anniversario-special-edition-6

この調整式スポイラーのほか、アバルト695 70°には過去のヘリテージが散りばめられ、ボディカラーには1958年に採用されていた「モンツァグリーン」が用いられています。
これはその年にアバルトがモンツァにて樹立した6つの記録のうち、最初の記録を達成した個体に採用されていたもの。
なお、1955−1958年はアバルトの「黄金期」とも言われる時期。※アバルトの歴史についてはこちら

bd4889f0-2020-abarth-695-70°-anniversario-special-edition-28

そしてアクセントカラーには「Campovolo」と呼ばれるグレーが用いられ、ボンネット上のスコーピオン、ルーフ上のチェッカーフラッグにもこのグレーが採用されています。

26257d5e-2020-abarth-695-70°-anniversario-special-edition-7

もちろんエキゾーストシステムは「レコード・モンツァ」、そしてホイールは17インチサイズの「スーパースポーツ」、ブレーキシステムはブレンボ。
エンジンは1.4リッター4気筒ターボ、出力は180馬力となります。
そしてアバルト695 70°の0−100mk/h加速は6.7秒、最高速度は225km/h、とアナウンスされています。

097c4e67-2020-abarth-695-70°-anniversario-special-edition-41

アバルト695 70°のインテリアも特別製

内装においても特別装備がおごられることになり、シートベルトには専用の「サベルト・トリコローレ」、シートにも専用カラーが採用(シートにもイタリアンフラッグが入る)。

7a318578-2020-abarth-695-70°-anniversario-special-edition-37

センターコンソールにはシリアルナンバーが刻まれます。

446ad4ab-2020-abarth-695-70°-anniversario-special-edition-39

アバルトは70周年に際して積極的に限定モデルをリリース

なお、アバルトは今回迎えた70周年を記念し、様々な限定モデルを発売。
先日は「アバルト695ピスタ」を発表していますね。

アバルトにも「ピスタ」!新ターボを装着したアバルト595ピスタが発売。現地価格290万円ナリ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5