■新型車情報/スパイフォト/噂など >ミニ(MINI) ■ニュース

ミニ史上もっとも過激でハイパワー、新型ミニJCW GPが完全リーク。とても市販車とは思えないオーバーフェンダー、巨大ウイング装備

投稿日:

| よく見れば見るほど細かい部分が変更されている |

偽装なしのミニ・ジョン・クーパー・ワークスGPの姿が完全リーク。
これはユーチューバー、Shmee150氏が自身のFacebookページにて公開したもので、どうやらドイツのBMWのストックヤードで撮影したもののようですね。
よって数々のプロトタイプが敷地内に見られますが、ジョン・クーパー・ワークスGPの後ろにはカモフラージュシートでフルラッピングされたZ4の姿も見え、もしかするとZ4に新たなバリエーションが登場するのかもしれません。

見た目も「ミニJCW GP史上もっとも過激」

ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGPについては、これまでにも公式ティーザー画像が公開されており、おおよそのデザインについては理解していたものの、いざ「フルヌード」を見ると驚きを隠せず、やはり目をひくのは独特の形状を持つ前後オーバーフェンダー、そして巨大なリアウイング。

全体的にはクロームのパーツは姿を消し、前後ランプのサラウンド、フューエルフィラーキャップ(のカバー)、ドアハンドルやグリルもブラック。
ただし、ウインドウ下部にあるモールだけは「クローム」が残るようです。

そしてアクセントは「レッド」で、サイドストライプ、リアウイングの内側、「GP」エンブレム、フロントグリルやフロントスポイラーのインナーもレッド(ブレーキもハイパフォーマンスタイプなのでキャリパーがレッド)。

71842121_2472954222739818_2227444188020998144_n

そしてドアミラーにはチタンカラーが採用され、明確な段差が設けられた新形状に。

72555490_2472954202739820_293055686009421824_n

フロントオーバーフェンダーの端には「2011」のレター。
フロントグリルはちょっと突き出た形状を持っているように見えますね。

71517733_2472954216073152_6840160058001588224_n

ミニ・ジョン・クーパー・ワークス(JCW)GPはこんなクルマ

ミニJCW GPは、ミニの頂点に立つパフォーマンス志向のクルマで、これまでに発売されたミニJCWも「スパルタンという言葉すら生ぬるい」という過激なクルマ。
そして今回のミニJCW GPも歴代GPに劣らず過激な仕様を持っていて、ここまでの大型ウイング、そもそもオーバーフェンダーを持つというのも「GP史上”初”」。

加えてインテリアにも、標準モデルと大きくかけ離れたコンパクトなレーシングカー風メーターが与えられるなど過激な仕様を持つことになりそうで、発表されれば大きな話題を振りまくのは間違いのないところ。

https://intensive911.com/?p=174229

エンジンについてはBMW X2 M35iと同じ302馬力(2リッター4気筒ターボ)を積むと思われ、当然ながらパフォーマンスも「世界トップクラスのFFマシン」たるに十分な要件を備えることになりそうです。

気になるのは「価格」で、2013年に発売されたミニJCW GPは2000台限定、価格は460万円。
ベースモデルの価格が上昇していること、そしてその特別さを考えると、新型ミニJCW GPは600万円前後となるかもしれませんね(今回のミニJCW GPは3000台限定の予定)。

VIA:SHMEE150-Facebook

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ミニ(MINI), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5