>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

レンダリング界からもGRスープラのカスタムへ参戦!近未来風、アメリカンマッスル風のCGが公開

投稿日:2019/11/25 更新日:

| そのうち、どこかのショップ/チューナーが本当に作りそうだ |

今年のSEMAは「スープラ祭り」の様相を呈していましたが、レンダリング界でもやはりGRスープラは大人気。
現地を訪問したスープラの多くは「パンデム/ロケットバニー製のエアロパーツ(ワイドボディキット)を装着したカスタムスープラ」だったそうで、しかし今回、Ambielec Designがちょっと違うテイストにて「もしもこんなスープラがあったなら」というレンダリングを作成し公開。
レンダリングなので「現実性」を考慮していない内容となってはいるものの、最近だとこういった「もしも系レンダリング」アーティストにデザインを依頼して、”これまでに無かったようなカスタムカー”を作るショップも登場しており、今回のスープラも「レンダリングだけでは終わらない」のかもしれません。

自分の描いた”理想のクルマ”のイラストが現実に!新しいカスタムの潮流となりそうな「もしも系レンダリングと実車のコラボ」。そのアーティストの作品を見てみよう

意外とポン付けパーツが多いようだ

画像を見ると、GRスープラに「アドオン」する形での数々のカスタムが施されていますようですが、フロントだとヘッドライトにカバーが装着されてボディと一体化し(これだけでもかなり雰囲気が変わる)、かわりに大型ドライビングランプが装着。

74831327_1922732521206357_5394184933264588800_n

前後にはオーバーフェンダーが装着され、フェンダーとタイヤとのクリアランスは「ほぼゼロ」で、つまるところサスペンションがストロークしない、ということになりますね。
フロントフードには大きなダクトが開けられ、「いかにもチューンドカー」という雰囲気に。

70164561_1922732607873015_7533731803824128000_n

なお、ホイールやトヨタエンブレムは「ゴールド」。
アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのようなカラーコンビネーションですね。

そしてフェンダーの後ろ側には「3枚の」エアロフリックが取り付けられ、これがデザイン上のアクセントとなっているようです。

75361002_1922732744539668_7928508443005026304_n

テールランプは「クリアレンズ」、そしてリアフードにはフェラーリF40風のスリット。
トヨタGRスープラは「フロントエンジン」なので、リアフードにこういったスリットを設ける必要はないものの、それでもやってしまうのが「もしも系レンダリング」の面白いところでもあります。

75419026_1922732564539686_5102640611886891008_n

ほかにはこんな「もしも系」スープラも

そしてもうひとつ、Ambielec Designが公開したのがこちらのGRスープラ。
「エンジンスワップ」をイメージしたものですが、ダッジのHEMIエンジン(V8)を押し込んでいます。
エンジン上部にはスーパーチャージャーが見え、もしボンネットを装着するとなると、このふくらみを逃がすためのパワーバルジが必要となりそうですね。

70935529_1849717565174520_2714092634384629760_o

タイヤはドラッグレーサー風の肉厚となり、フェンダー内に無理やり収めたという感じ。
テールパイプは「4連」で、これはシボレー・コルベットをイメージしたものだと思われます。

69850117_1849717608507849_7331348864617676800_o

VIA: Ambielec Design

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5