>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニも「ヴィジョン・グランツーリスモ」へ参戦!Y字型テールランプにV12自然吸気エンジンの咆哮という「ランボルギーニのDNA」を強調

投稿日:2019/11/19 更新日:

| ランボルギーニはまだまだエレクトリックへ移行する気はないようだ |

ランボルギーニが11月24日に「ヴィジョン・グランツーリスモ」を発表する、と予告。
そこで今回Facebookにてティーザー動画が公開されていますが、エンジン始動時におけるテールランプのアニメーション表示、そしてエンジンサウンドを確認可能です。

なお、「エンジンサウンド」は耳慣れたV12のように思われ、当然ながらダウンサイジングターボではなく、ランボルギーニのDNAでもある「自然吸気V12」を搭載するであろうことが予想できます。※エンジンサウンドの前に「起動音」のようなものも聞こえる

これはル・マン「ハイパーカークラス」参戦用レーシングカー?

そしてこのヴィジョン・グランツーリスモについて、どういったクルマとなるのかは不明ですはありますが、「(フェイクサウンドでない限り)ガソリンエンジン搭載」というところからするに、”テルツォ・ミッレニオ”のようなピュアエレクトリックカーではない、ということに。

Lamborghini-Terzo-Millennio-concept (2)

ランボルギーニがボディにバッテリーを織り込んだ”Terzo Millennio(テルツォ・ミッレニオ)”発表。「エレクトリック」「軽量」「空力」を追求

となるとランボルギーニが先日画像を公開した「ル・マンに新設される、ハイパーカーカテゴリに参戦するための」クルマではないかという気もするものの、今回のティーザー動画を見るに、テールランプには「Y」字型が採用されており、このクルマよりはかなり「未来」に行ってそう(ただしこのハイパーカーもかなり未来っぽい)。

ランボルギーニが「V12、830馬力」の新型ハイパーカーのティーザー開始。アヴェンタドールのカーボン製キャビンにレース用の前後フレームを装備

テールランプの「アニメーション表示」は今後のトレンドになりそう

今回の動画では、テールランプが始動とあわせてグラフィカルに光る様子も確認可能。
「Y」の中央から赤い光が端の方まで移動し、その後にY字全体が発光する様子がわかります。

こういったアニメーション表示は一部のメルセデス・ベンツでも採用されていて、最近だと(ランボルギーニと同じフォルクスワーゲングループに属する)ポルシェのニューモデル、「タイカン」も導入済み。

タイカンの場合も、今回のランボルギーニ・ヴィジョン・グランツーリズモ同様に「中央から端へ」と光る表示方法を持っていて、これは今後「フォルクスワーゲングループのクルマに共通して採用されるデザイン的特徴」となるのかもしれませんね。

VIA: Gran Turismo - Facebook

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニのコンセプトカー等, ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5