>ランボルギーニ(Lamborghini) ■ニュース

ランボルギーニが「6代目」ボローニャ空港での先導車を投入。今回はオレンジにイタリアンカラーのウラカンRWD。歴代先導車、空港の様子も見てみよう

投稿日:2019/12/16 更新日:

| ボローニャ空港はランボルギーニ色が非常に強い |

ランボルギーニが、地元ボローニャ空港に「6代目」となる”フォローミー・カー”を導入したと発表。
これは主に、空港に着陸した飛行機を格納庫や駐機スペースに誘導するための業務に従事する、空港内での「働くクルマ」。
これまでにもランボルギーニはアヴェンタドールやウラカンをこのフォローミー・カーとして提供しており、今回その役割が与えられたのはウラカンRWD(ウラカンの後輪駆動モデル)。
そしてその勇姿がオフィシャルフォトによって公開されています。

ウラカンRWD”フォローミー・カー”はこんな仕様

今回公開されたオフシャルフォトを見るに、今回のフォローミー・ウラカンはこれまでになく「イタリアン」。

553756

ボディカラーこそオレンジですが、フロントバンパー内側、ルーフ~テール、ボディサイドにはイタリアントリコローレが反映されています。
なお、ボディサイドの「イタリアン」はランボルギーニの特徴とも言える「Yアロー」。

553755

サイドステップはブラックにペイントされていますね。
これらフォローミーカーは、ランボルギーニのデザインスタジオ「チェントロ・スティーレ」によってじきじきにデザインされている、とのこと。

553742

ちなみに先代の「フォローミー・ウラカン」はこんな仕様。
こちらの導入は2019年3月なので、かなり早いサイクルで今回は車両が入れ替わったということになります。

ランボルギーニ・ウラカンが「空港先導車」に!自社デザインスタジオによる特別カラーを身にまとう

こちらはさらに前の代。

ボローニャ空港はこんな感じ

なお、ボローニャはイタリアの地方都市のひとつなので、空港自体はあまり大きくなく、大阪でいうと「伊丹空港」くらいのサイズ感。
ただしランボルギーニ、フェラーリ、マセラティ、パガーニ、ドゥカティなどがこの地にあるということから、この空港を利用する人々は「かなり特殊」。
たとえばカヴァルケード(フェラーリが年一回開催するフェラーリのイベント)の次期だと、空港にはフェラーリのアパレルを着て、フェラーリのステッカーが貼ってあるスーツケースを持って、そしてフェラーリとウブロとのコラボ腕時計を装着した富裕層が大挙してやってくることに(プライベートジェットで来る人も少なくない)。

553741

ただしボローニャ空港とランボルギーニとは一定のパートナーシップを結んでいるようで、空港の内部は「ランボルギーニだらけ」。
空港内部にはランボルギーニが展示してあったり、グッズの展示、ランボルギーニのプロモーション動画を流すモニターも。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は DSC03670.jpg です

空港内の売店にはランボルギーニグッズも置いてあり、数世代前のフォローミーカー、アヴェンタドールがセール価格に(これは即座にゲットした)。

ボローニャからドバイへ。空港内のランボルギーニ、免税店のミニカー

ボローニャに到着。空港内にはイキナリウラカン、アヴェンタドールの展示も

VIA:Lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5