>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンが「アストン仕様」のヘリコプター「ACH130」発表。内外装は同社のスポーツカー同様、富裕層ビジネスを強化

投稿日:2020/01/05 更新日:

| アストンマーティンは自動車というよりは「ライフスタイル」ブランドへ |

先日報道されたとおり、アストンマーティンが仏エアバス社とのコラボレーションによるヘリコプター「 ACH130 Aston Martin Edition(ACH130アストンマーティン・エディション)」を公開。
これは内外装のデザインをアストンマーティンが手掛けたもので、4種類の仕様から選べるというもの。
このヘリコプターの外装は「スカイフォールシルバー」などアストンマーティンのクルマに採用されるボディカラーと共通性をもたせており、このほかには「キセノングレー」「アリゾナ」「ウルトラマリンブラック」も選択が可能です。

なお、アストンマーティンはこれまでにも航空機や戦闘機とのコラボレーションを多く展開していて、つい先日は「DBSスーパーレッジェーラ・コンコルド」を公開したばかり。

アストンマーティンが超音速旅客機とコラボした「DBS スーパーレッジェーラ・コンコルド」発表!内外装はコンコルドを模した”いまだかつてない”特別仕様に

これまでのコラボとは一線を画する「アストンマーティン濃度」

インテリアもアストンマーティンのクルマを強く意識した仕上がりとなっており、高級感と快適性を全面に押し出したものに。
メインは「ピュアブラック」のウルトラスエード、そこへ「オックスフォード」「タン」「ピュアブラック」「コルモラント」「アイボリー」を組み合わせることができます。

airbus-corporate-helicopters-ach130-aston-martin-edition

なお、シートバック形状はアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラを模した形状を持ち、各部にはカーボンファイバーが用いられるなどスポーツカー同様のデザインを持っています。
ちなみに乗員(定員)は6名。

airbus-corporate-helicopters-ach130-aston-martin-edition (5)

ちなみにそれぞれの個体にはエアバスとアストンマーティンとのコラボレーションを示すロゴプレート、シリアルナンバーやオーナーの名前等が記されたプラークが装着され、所有する満足を高めてくれるようですね。

airbus-corporate-helicopters-ach130-aston-martin-edition (6)

採用されるエンジンは「アリエル2Dジェット」、出力は952馬力となり、時速154マイルでの飛行が可能(燃料タンクは4時間分)。

airbus-corporate-helicopters-ach130-aston-martin-edition (2)

なぜアストンマーティンがヘリコプター?

そこで気になるのが「なぜアストンマーティンがヘリコプターを」。
アストンマーティンは言わずとしれたハイパフォーマンスカーメーカーですが、ランボルギーニやフェラーリ、マクラーレンと異なるのは、「顧客を富裕層」だけに絞っているということ。
そして富裕層が好むであろう「モノやコト」を提供することで顧客の囲い込みを行おう、というのが最近のアストンマーティンのビジネスモデルです。

airbus-corporate-helicopters-ach130-aston-martin-edition (4)

よってアストンマーティンはちょっと前に「56億円(一棟ではなく一部屋の価格)」のタワーマンションを発売し、これもやはり富裕層対象のビジネスだと言えそうですね。

アストンマーティンが今度はタワーマンション建設。ペントハウスはプール付き、56億円ナリ

そしてやはり富裕層向けに「個人用潜水艇」ネプチューンも発売済み。

4.5億円、アストンマーティンの潜水艦が本当に生産開始。買ったのは誰?

公道を走れない、コレクション専用となる「1300万円のバイク」も。

アストンマーティンがV2ターボ搭載、1300万円のバイク”AMB001”を発表。これはボクに「鳩サブレ」ことカワサキの迷車、GPZ250Rを思い起こさせる

さらには秘密基地風の個人向け邸宅のコンセプトも公開済みですね。

aston-martin-galleries-and-lairs (1)

アストンマーティンが富裕層向けにハイパーカーの収まる「秘密基地」風ガレージを提案!まるで映画の中の1シーン

こんな感じでアストンマーティンは他の自動車ブランドとは異なる戦略と展開を持っているということになりますが、このまま行くとさらなる「セレブ向けアイテム」、たとえばプライベートジェットやヨット、小さいものだと携帯電話などが登場することになりそうです。

デザインは「ヴァルキリー似」。アストンマーティンも「航空機事業」に参入?

aston-martin-volante-vision-concept (4)

アストンマーティン「ラゴンダは超高級ブランドにシフト。ロールス、ベントレーに対抗する」

VIA:Aston Martin

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5