>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

メルセデス・ベンツGクラスに「ヨットとコラボ」、G-ヨッティング・エディション登場!内装スペシャリストの新提案

更新日:

| シルバー部分は腕時計のような”ブラシ仕上げ” |

mercedes-amg-yacht

さて、インテリアのカスタムを専門に行うデザインハウス、「カーレックス(Carlex)」がその最新作を公開。

これはメルセデスAMG G63の内外装を「ヨットにインスパイアされた」仕様へとコンバートしたもので、その名も「Gヨッティング(Yachting)エディション」。

カーレックスいわく、ラグジュアリーさ、そしてマリンスタイルを好み人に向けた提案とのことですが、カーレックスは以前にも、メルセデス・ベンツのトラック「Xクラス」をヨット仕様へとカスタムしたクルマも公開しています。

mercedes-x-class-by-carlex-design (2)

メルセデス・ベンツXクラスをマイバッハ風にカスタムした「ヨッティング・エディション」登場

メルセデス・ベンツGクラス”Gヨッティング・エディション”はこういった外装を持っている

外観については、高級感のあるシルバーとブラックとの2トーン。

ホイールは巨大な22インチを装着し、そのスポークがリムにまで達しているため、さらに大きく見えますね。

91305610_3065515056872280_5658149671906836480_o

そしてこのシルバー仕上げの部分は、腕時計のケースのような「ブラシ仕上げ」。

おそらくはラッピングにて仕上げることになると思われますが、なかなかに面白い仕様ではあります。

それにしても、この「上下がシルバー、真ん中がブラック」というツートンカラーは相当に斬新。

91999421_3065515080205611_6660809739913396224_o

上から見るとこう。

ルーフには「YACHTING EDITION」の文字が入ります。

91402766_3065515240205595_6911201754835058688_o

メルセデスAMG G63”Gヨッティング・エディション”のインテリアはこうだ

そしてこちらはカーレックス”Gヨッティング・エディション”のインテリア。

ホワイトを基調にし、ヨットのデッキを連想させるウッドがふんだんに使用。

カーゴスペースのほか、フロアマットにもウッドが使用されているようですね。

91465237_3065515250205594_9097516069014208512_o

こちらはブラウンバージョン。

重厚感のある仕上がりを持ち、こちらはこちらで大変魅力的な仕上がりだと思います。

91328253_3065515283538924_1632905360022962176_o

ほかにはこんな「ヨットと自動車メーカーとの関係」も

なお、欧米だと「高級車のオーナーの多くはヨットを持っている」ようで、これまでにも様々な自動車メーカーがヨットのデザインを行っているようです。

ポルシェによる1627馬力、V12エンジン2基がけのボートがじき完成。モナコでお披露目の予定

ポルシェ、インフィニティもヨットのデザインを行っており、最近だとレクサスが自社にて「海の上のフラッグシップ」たる「LY650」を発表していますね。

これがレクサスのヨット”LY650”!レクサス「夢のような時間を提供したい」

そして、ヨットとの「コラボ」だともっと数は多く、アバルト695リヴァーレを筆頭にアストンマーティン、BMW、ベントレーといったブランドもコラボモデルをリリース。

ベントレーが「オールホワイト」のコンチネンタルGT限定モデルを発表。高級ヨットメーカーとコラボ

アバルトが高級ヨットメーカー、リーヴァとコラボ。これまでにないほど高級な695Rivaleを発表

そしていずれのメーカーも、「ヨット」ということでトランクやフロアマット等にウッドを使用することが多いようですね。

BMWもヨットメーカーとコラボ。ヨットと同じ素材を内装に使用した7シリーズを発表

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5