■そのほか車関連のネタなど ■ニュース

地球よりも宇宙の方が似合いそうだ!ドリームワークスのデザイナーが「アーマートラック」のレンダリングを公開

更新日:

| いかなる災害や攻撃にも屈しない |

Armortruck-1

インダストリアルデザイナー、ミレン・イヴァノン氏による「アーマートラック」が公開に。

同氏はリマックやドリームワークス、はたまた内装スペシャリストのヴィルナーにてキャリアを積んだとのことですが、これまでの経験をいかんなく発揮した作品となっています。

なお、これまでにもこういった車両は(現実に)公開されていて、有名どころだとダーツ・プロモーション、レズヴァニ、カールマン・キングといった車両たち。

rezvani-tank-2

世界で最もパワフルな「1000馬力の」レズバニ・タンク最新モデル。チャレンジャー・デーモンの心臓に、徹甲弾も通さない軍用スペックの外装

karlmann-king-custom-suv-expensive-1

中国からスーパーオフローダー「カールマン・キング」登場!ベース価格2億円、OP装着で4億円

Dartz-Black-Stallion

このクルマだったら何が起きても生き残れそうだ!外装スカルだらけ、ダーツモータース「ブラックスタリオン」

現実と仮想とのはざまにて

ただし今回のアーマートラックについては、現実世界という制限がないためか、これまでに発表されたどの「防弾使用車」よりもアグレッシブ。

もはやSF的と言ってもよく、ワイドなタイヤ、極小に留められたウインドウ、各部に設けられたLEDライトがさらに現実ばなれした雰囲気を加速させていますが、映画で惑星探査に使用されていてもおかしくはなさそうですね。

Armortruck-2

一方でフロントバンパーには牽引用のフック、グリル内にはレーダーセンサーが設けられるなど現実的な装備も(ルーフにはカメラもある)。

ボディサイドも非常に特徴的なデザインを持ち、ドアはなんとガルウイング。

Armortruck-3

開閉口は高く、そのため乗降を容易にするためのエレベーター式ステップが装着されるようですね。

Armortruck-5

ドアを閉じると、やはり防御性を高めるためかウインドウ面積が最小限に。

Armortruck-6

上部から見るとこんな感じ。

小さなウインドウ、その後ろには3つのファンが見えます。

Armortruck-7

リヤビューも非常に特徴的で、バンパーにはフロント同様にフック、そしてその上には2本のエキゾーストパイプのようなものも。

Armortruck-4

テールランプはバー状を採用し、その下には放熱用のグリル。

ルーフ上のファンといい、かなり発熱量の大きなエンジン搭載を想定しているのかもしれません。

Armortruck-8

このアーマートラックの内装はシンプルですが先進的な印象もあり、ブラウンレザーとブラックレザーに覆われるなど、ある意味では「豪華」。

センターコンソールにはシフトレバー状の操作系が見え、その前にはインフォテイメントシステムのようなものも。

シート形状は「バケット」、そして4座が独立して設けられています。

VIA:Behance

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■そのほか車関連のネタなど, ■ニュース
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5