>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

ブガッティは今後最高速争いを行なわず、代わりに追求するのは”コーナリング”。「一台の車の中に最高速とコーナリングとは同居できない」

投稿日:2020/05/19 更新日:

| すでにブガッティが世界最速であることは誰もが承知済み。今後は別分野で違いをアピールか |

bugatti-chiron-pur-sport-2020

ブガッティはシロン・スーパースポーツ300+にて市販車世界最高速となる前人未到の490km/h(TUVによって公的に証明されているが、ギネス立会いではないのでギネス記録とはならない)を達成し、これをもって「最高速争いから撤退する」と表明しています。

これについては様々な理由があるかと思われますが、ブガッティが記録を更新するとケーニグセグはじめ数々のスーパーカー/ハイパーカーメーカーが一斉に破りにかかり、これを「不毛」だと感じたのかも。

そしてすでに「ブガッティ=世界最速」ということは多くの人が認識しているため、これ以上最高速アピールを行う必要がないと判断した可能性もありそうです。

【動画】新型ブガッティ・シロン”スーパースポーツ300+”プロトタイプが490km/hを記録し公式に「世界最速のクルマ」に!ケーニグセグの446km/hを大きく更新

| ただしブガッティは今回限りで「競争から身を引く」 | 先日、トップギアがブガッティ・シロンスポーツにて時速423キロをマークしたとお伝えしましたが、今回はなんと「新型シロン(スーパースポーツ300 ...

続きを見る

ブガッティはこれから「コーナリング重視へ」

じゃあ今後ブガッティはどうするのということですが、ブガッティの研究開発部門のボス、ステファン・エルロート氏によると「最高速のプライオリティを下げ、コーナリングのプライオリティを上げる」。

実際のところ、直近のニューモデル「シロン・ピュール・スポール」はすでにこの考え方が反映されているといい、コーナリング重視のためにスプリングレートを高め、キャンバー角を変更し、グリップ重視のタイヤをミシュランと共同開発し、ギア比を18%短縮して50キロの軽量化を達成することに。

たぶん固すぎて乗れん!ブガッティ・シロンの限定モデル「ピュール・スポール」発表。軽量化に巨大ウイング、価格は3.9億円

この記事のもくじ1 | おそらくこの性能を開放できる場所は世界のどこにもない |1.1 ブガッティ・シロン・プル・スポーツはこんなクルマ1.2 新型ブガッティ・シロン・プル・スポールのインテリアはこう ...

続きを見る

そして同氏いわく、「一台のクルマの中に、最高速重視のセッティングとコーナリングマシンとは同居できない」。

もちろん今まででもそれは理解済みだと思われ、だからこそヴェイロンやシロンには「最高速アタック時に車両設定を変更する」ためのスピードキーが備わり、その変更内容が大きいためにいったん車両を停止させて設定を行う必要があったのだと思われますが、それでも「両方を達成するのは難しい(両方が中途半端になる)」と考えたのかもしれませんね。

bugatti-chiron-pur-sport-2020 (2)

加えて、最高速を試すことができる人は非常に少なく(以前にヴェイロンのオーナーがアウトバーンにて最高速に挑戦したが、環境が揃い、最高速を出せるまでに4年かかった)、しかしコーナリングであればより多くの人がその素晴らしさを実感することができるということもあって、ブガッティはより現実的な指標として最高速からコーナリングへと切り替えることにした可能性もありそう。

【動画】公道世界最速記録はなんと402km/h!アウトバーンで合法に記録達成した男

| 2015年に「公道最速」を記録した男がいた | 現在、公道における最高速度記録は(ブガッティ・ヴェイロンによる)時速402.5km/hとのこと。 これはアウトバーンの速度無制限区間で記録されたもの ...

続きを見る

実際にブガッティでサーキットを走ることは考えにくい

ただ、実際にそのオーナーがブガッティをサーキットに持ち込んで本気走行をするというのもまた考えにくく、しかしそれでもコーナリング性能をアピールするとなると「ニュルブルクリンクの最速タイム更新」しか方法がなく、もしかすると今後ブガッティはニュルブルクリンクへとその挑戦の対象を変えるんじゃないかと考えたりします。

ちなみに現在のブガッティCEOはステファン・ヴィンケルマン氏ですが、同氏は以前にランボルギーニのCEOも務めており、その際にはアヴェンタドールSVJ、ウラカン・ペルフォルマンテにてニュルブルクリンクのトップタイムを書き換えたことも。

その後同氏はブガッティCEOへと就任し、そこで真っ先に行なったのが「シロンスポーツ」を発売することで、このシロンスポーツは「ギア比の短縮、軽量化、足回りのハード化」であり、これはまさに「シロン・ピュール・スポール」と同じ手法。

ブガッティが「シロン・スポーツ」発表。ワイパーアームもカーボン製、「18キロ軽くなった」

| ハンドリングに特化、ブガッティ・シロンの新バリエーションが登場 | ブガッティが突如として「ブガッティ・シロン・スポーツ」を発表。 エンジン出力やパフォーマンス(加速や最高速)に変化はなく、しかし ...

続きを見る

つまり現在の「コーナリング重視」はステファン・ヴィンケルマンCEOが「最初からやりたかったこと」でもあり、加えて同氏は「ニュルブルクリンク重視」という傾向が強く、よって「ブガッティのニュル挑戦」はけっこう”ありうる”かもしれませんね。

bugatti-chiron-pur-sport-2020 (3)

なお、ブガッティは「コーナリング重視」のほかにも「高級さと快適性」「芸術性追求」も打ち出しており、さまざまな方向性において「究極」を目指し、他ハイパーカーとの差別化を図ることになりそうです。

創業110年を迎えたブガッティ。CEOが語る今後のビジョン「高級さと快適さ重視」「クルマを作ると同時に芸術を創り出す」「SUVは絶対にない」

やはりブランディング重要。ステファン・ヴィンケルマンCEOはブランド建て直し請負人 ブガッティは2019年で設立110周年を迎えますが、ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏がブガッティ公式サ ...

続きを見る

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5