>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

ランボルギーニが「中古車における残価設定ローンの据置率」引き上げ!新車同様の残価となり毎月の負担を少なく購入できることに

投稿日:

| ランボルギーニは中古車販売にも注力 |

lamborghini-tomica-aventado-r-urus

さて、先日はランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの支払いにつき、残価設定ローンや通常ローン、頭金の金額や支払期間によってどれくらい毎月の支払額が変わるのかを試算してみましたが、今回は「ランボルギーニの中古車」についてローンを組んだ場合の試算をしてみたいと思います。

実際にランボルギーニの中古車を購入しようと考えているわけではないものの、ランボルギーニ・ジャパンが今回、「中古車の据え置き率を最大で65%まで引き上げる」とアナウンスしており、これまでの「50%」とどれくらい変わるのかが気になったわけですね。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの支払い計画を考える!3年/5年、残価設定ローン、頭金によって毎月の支払額はこれだけ変わる

この記事のもくじ1 | 買ってしまえば、払えなくなったとしても”売ればチャラになる”のがスーパーカー |1.1 ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDを3年ローンで購入するとこうなる1.1.1 3年ロ ...

続きを見る

なお、ランボルギーニは認定中古車制度「Selezione Lamborghini Certified Pre-Owned(セレッツィオーネ・ランボルギーニ・サーティファイド・プレオウンド)」をスタートさせており、中古相場の維持・向上においても注力しているため、今後の相場上昇に期待がかかります。

ランボルギーニが全世界規模にて「認定中古車制度」開始!これによって安心して中古車を購入でき、かつ中古相場が安定して「乗り換えも楽」に

ランボルギーニ認定中古車には厳しいチェック項目が存在。項目数はポルシェよりも多い”150” ランボルギーニが「認定中古車」制度をスタートさせる、と発表。その名称は「Selezione Lamborgh ...

続きを見る

ランボルギーニのローンには二種類ある

現在ランボルギーニのローンには二種類があり、ひとつは据置価格設定型(残価設定)ローンである「ハイパープレミアムプラン」。

そしてもう一つは残金を毎月、あるいはボーナス払いを加えて割った「オーナーズプラン」です(普通のローン)。

残価設定ローンについて、これは「支払い期間終了後に、これくらいの価格で車両が売れるだろう」という仮定での金額を「据え置き」とし、ローンで支払う総額からその据え置き分を差し引いた分を月割で支払う形式。

最終回の支払いは大きくなるものの、毎月の支払いが低く抑えられることが特徴です。

L1200424

この最終回の支払いについては、車両を売却してそのぶんを充当する、もしくは(車両を売らず)現金で支払う、あるいは再度その金額をローンで支払うといった選択肢があり、これはオーナーの判断にて選択が可能です。

そして今回、ランボルギーニ・ジャパンがその据え置き金額を引き上げたということになりますが、これは「ランボルギーニが中古市場において、高い市場価格を持つようになった」ためだと考えて良さそう。

現時点ではアヴェンタドール、ウラカン、ウルスのみが対象で、これまで「3年:50%」「4年:40%」「3年:30%」であったところを、「3年:65%」「4年:55%」「3年:45%」へと上限を引き上げており、これはなんと新車と同じ比率ということになりますね。

アヴェンタドールだとこういった支払いイメージ

まずはアヴェンタドールを中古にて購入した場合ですが、仮に車両本体価格が4500万円であったとして、3年で支払う場合は据え置き金額が2695万円(税抜価格の65%)なので、4500万円+分割手数料1.79%(1,926,794円)-2695万円=19,976,794万円を36回(正確には最終回を除く35回)で支払うことになり、毎月の支払額はこの場合、581,000円。※ややこしいので諸経費は計算に入れていない

この金額は「頭金ゼロ」の場合であり、仮に頭金を500万円入れると毎月の支払いは434,000円、1000万円入れると毎月287,500円。

参考までに、これまでの据え置き金額(3年で50%)だと、頭金ゼロでは毎月751,800円、頭金500万円だと605,000円、頭金1000万円dなと毎月458,000円なので、相当に毎月の支払金額が変わってくるということがわかりますね。

もう一つ参考までに、支払期間が48回だと毎月の支払金額が(頭金ゼロの場合)532,146円、60回だと499,200円。

これを見るに、支払回数を伸ばしても劇的に毎月の支払額が変わるわけではなく、やはり毎月の支払いを低く抑えようと考えると、頭金を増やしたほうが良さそうだということもわかります。

L1160567

ウラカンやウルスだとこういった支払いイメージ

そしてウラカンやウルスだと、おおよそ中古価格が2500万円くらいだと仮定して計算してみると、据え置き金額を上限の65%に設定した場合、頭金ゼロ、36回払いでは322,800円。

頭金500万円だと177,482円、頭金が1000万円あれば29,400円という計算です。

参考までに、据え置き率65%、頭金ゼロ、48回払いだと毎月294,800円、60回払いでは282,302円。

L1160866

そして以前の「3年で50%」だと頭金ゼロで417,700円、4年48回(40%)だと364,000円、5年60回だと334,521円なので、やはり残価率の引き上げによって「かなり買いやすくなった」のは間違いなさそうです。

車両価格2500万円のランボルギーニ(中古)を購入する場合、毎月の支払額はざっとこういった内容となっています。

頭金ゼロ頭金500万円頭金1000万円
3年(残価65%)322,800円177,482円29,400円
3年(残価50%)417,700円270,900円124,200円
4年(残価55%)296,346円184,500円77,346円
4年(残価40%)364,000円254,300円144,100円
6年(残価45%)277,300円194,102円設定不可(残金が少なすぎるので)
6年(残価30%)334,521円246,321円155,400円

VIA:Lamborghini

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ランボルギーニ・ウルス関連, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5