>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ最新モデル、「ウラカンEVO RWD」を見てきた!固有のデザイン、トンガリ具合はなかなかだ

投稿日:

| このイエローを選べばよかったかとちょっと後悔 |

L1220568

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの展示車が入ったとのことでランボルギーニ大阪さんへ。

ボディカラーはウラカンEVO RWDとともに設定された新色、「Giallo Belenus」。

かなり深い輝きを持つパールイエローで、これまでに設定されていたジアッロ・ミダス等に比べると、”ゴールドに近い”という印象も。

なおランボルギーニはそのボディカラーの多くに神話由来の名称を与えていますが、このBelenus(ベレヌス)はケルト神話における神の一人で、光や火、治癒を司るとされています。

L1220512

ウラカンEVO RWDはその名の通り「ウラカンEVOの後輪駆動モデル(ウラカンEVOは4WD)」。
ウラカンEVOに比較してパワーを640馬力から610馬力に抑え、ホイールサイズを1インチダウン、ブレーキをカーボンセラミックからスチールへと変更すること等で価格的な競争力も持たせたグレードとなります(価格は税抜きにて24,126,941円)。

ただしウラカンEVO RWDは単に後輪駆動化した「ベースグレード」ではなく、専用のエアロパッケージが与えられ、より「後輪の駆動力で曲がる」設定を持つなど、安定性の高い4WDシステムを持つウラカンEVOとは異なるキャラクターが与えられ、より「ファン・トゥ・ドライブ」なモデルに仕上がっているのが特徴です。
なお、主なウラカンEVO RWDのトピックは下記の通り。

・後輪駆動を採用し、ドライバー中心のドライビングエクスペリエンスを実現
・610馬力のエンジンに軽量シャーシ、専用のパフォーマンス・トラクション・コントロール・システム(P-TCS)採用

・純粋なドライビングエモーションを再現した専用デザイン
・HMIタッチスクリーンとインカー・コネクティビティ装備
・アドペルソナムによる無限のオプション

・オーバーステア+30%許容
・ダウンフォース+73%

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのエクステリアはこうなっている

まずはランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの外観。

ぼくの考えるウラカンEVO RWD最大の特徴はその尖ったノーズ。

サメをイメージした「シャークノーズを採用しており、先端に向けて上下左右方向から尖っているという印象です。

L1220448

そしてウラカンEVOとも異なる「ハの字」デザイン(オメガデザイン)。

L1220441

こちらは4WDモデルのウラカンEVO。

ウラカンEVO RWDの尖った印象とは逆に「ワイド」感が与えられているように思われます。

L1200850

ホイールは19インチのVanir、カラーはグロスブラック。

ブレーキはスチールローターを採用しています。

L1220453

この個体にはオプションのスタイルパッケージ”グロスブラック”が装着されているので、フロントやサイドアンダーがグロスブラックに。

ぼくはコントラストの強いカラーを好むので、これと同じオプションを選択していますが、この黒い部分が道路と一体化して見えることがあり、その場合は「ボディ(この場合はイエローの塗装部分)と地面との距離」が結構あるように感じられ、腰高感が感じられるかもしれません。

L1220458

ちなみにスタイルパッケージ”ボディカラー同色”を選ぶとこういった仕様となり、こちらのほうが視覚的な安定感が感じれるのは間違いないだろうと考えています。

L1200835

リアのアッパー部分についてはウラカンEVOと同一の構成。

L1220558

ただしリアディフューザー形状はウラカンEVOとは異なり、ウラカンEVOが「横方向」のラインが強調されているのに対し、ウラカンEVO RWDでは縦方向の線がアピールされているといった印象です。

L1220467

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのインテリアはこうなっている

そしてこちらはウラカンEVO RWDのインテリア。

この車両にはオプションの「EVOトリム」そしてカーボン製シェルを持つスポーツシートほか多数のオプションが装着されています。

L1220495

このシートはウラカンEVO RWDにて初めて採用されたもので、これまでのシートに比較すると、レバー類含めてデザイン製が高くなっているようですね。

L1220492

バックレストのデザインも新しいパターンに。

L1220491

オプションのコントラスト(反転)ステッチ。

通常はブラックレザーにブラックステッチが採用されるものの、このウラカンEVO RWDにはイエローステッチが採用されています。

L1220488

ちょっとユニークなのがこの小さなアームレスト。

ウラカン・ペルフォルマンテから継続されたデザインですが、この「無理やりっぽい」デザインが面白いと思います。

L1220485

ステアリングホイールにもオプションのカラーステッチ、そしてスポーク部はEVOトリム選択時に適用される「グロスブラック」。

L1220490

ドアインナーハンドルもEVOトリム装着時に同時変更される「レザー巻き」。

L1220483

そのほかの画像はFacebookのアルバム「ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(144枚)」に保存中。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5